セルライトの種類と脂肪タイプ別の効果的な落とし方

セルライトには種類があり、1つではありません。

ここでは、セルライトの種類と、そのタイプ別に効果的な落とし方を紹介しています。セルライトは簡単に言うと脂肪の塊ですが、老廃物と脂肪細胞同士が結合したもので、肌がデコボコになった状態です。

一度できると落としにくいセルライトですが、種類によっては、普通のダイエットやマッサージなどで落とすのは困難なタイプもあります。

 

 

目次

1.セルライトの種類
1.脂肪型セルライト
2.むくみ型セルライト
3.繊維型セルライト
4.筋肉質型セルライト

2.セルライトを落とす方法
1.脂肪型セルライトを落とす方法
1-1.ダイエットをする
1-2.運動
1-3.食生活・生活習慣の改善
1-4.エステで落とす
1-5.マッサージ

2.むくみ型セルライトを落とす方法
2ー1.むくみを解消する
3.繊維型セルライトを落とす方法
3ー1.美容外科・エステで落とす
4.筋肉質型セルライトを落とす
4ー1.美容外科・エステ・手術で落とす

3.まと

セルライトの種類

セルライトの種類は4つあります。

どのようなセルライトなのか、4タイプを分かりやすく説明しています。

 

脂肪型セルライト

「脂肪型セルライト」は、肥満によって溜まった脂肪と老廃物が一緒になってできるタイプです。

最も多いのがこのタイプで、セルライト全体の約50%が「脂肪型セルライト」だと言われています。

脂肪型セルライトの原因は肥満によるもので、誰にでもできやすいです。

 

10代から50代まで、どの年齢層にもできます。

下腹部からお尻にかけて、できやすいです。

脂肪が蓄積され、肥大化した脂肪細胞と老廃物が結びつき、線維芽細胞を押し上げて凸凹の状態になります。

 

むくみ型セルライト

「脂肪型セルライト」の次に多いのが「むくみ型セルライト」で、むくみや冷えによってできるタイプです。

セルライトの約3割が、このタイプだといわれています。

リンパや血流の流れが悪くなり、脂肪細胞が余分な水分や老廃物を溜め込みことが原因でできます。

太もも、ふくらはぎに見られることが多く、「脂肪型セルライト」よりボコボコが目立ちます。

 

繊維型セルライト

「繊維型セルライト」は、脂肪細胞の周りにコラーゲン繊維が絡みつくことでできるタイプです。

肌がオレンジの皮のようにデコボコとしてくるので、「オレンジピールスキン」と言われています。

長期間放置することでデコボコがはっきりと現れ、つまむと痛みを感じます。

 

筋肉質型セルライト

「筋肉質型セルライト」は、珍しいタイプのセルライトです。

過去に運動を行っていて筋肉量が多かったが、運動を止めたことで筋肉量が落ちた、といった人に多いセルライトです。

筋肉の上にできるセルライトで、他のセルライトの中でも、最も落としにくいと言われています。

a

 

セルライトを落とす方法

セルライトを落とす効果的な方法は、タイプ別によって違います。

4タイプ別に、セルライト除去方法を説明しています。

a

脂肪型セルライトを落とす方法

 

ダイエットをする

肥満が原因である「脂肪型セルライト」は、ダイエットをして脂肪を減らすことで、目立たなくさせることができます。

栄養バランスの良い食事とアンダーカロリーで、減量をしましょう。

 

運動

適度な運動は代謝をよくし、ダイエットにもつながります。

運動によって筋肉量が増えると、さらに基礎代謝も上がります。

また、筋トレや有酸素運動を行うことで、筋肉が整い、セルライトを目立たなくすることもできます。

 

食生活・生活習慣の改善

肥満の原因は、乱れた食生活・生活習慣にもあります。

脂質や糖分の多い食事や、食品添加物、加工食品、スナック菓子、インスタント食品、飲酒、喫煙などは避けましょう。

充分な睡眠をとり、規則正しい生活を心がけましょう。

 

また、ストレスも肥満と関係があります。

ストレスが溜まると、ストレスホルモン(アドレナリン・ノルアドレナリン)が分泌が増えてしまいます。

趣味を持つなどして、上手にストレスを解消しましょう。

a

 

エステで落とす

エステでは、セルライト専用のマシンを使用して、短期間で効率よく落としていきます。

セルライトに効果的なマシンには、キャビテーション、サーモシェイプ、エンダモロジーなどの痩身機器があります。

 

セルライト除去を得意とするエステや、セルライトを落とすコースもあるので、セルライトを本気で落としたい人にはエステがおすすめです。

 

エステに通う場合は、まず体験エステでお試しすることをおすすめします。

体験することで、自分に合ったコースを選ぶことができます。

 

評判のいい人気の高いセルライト除去体験エステは、こちらのサイトで詳しく紹介しています。

a
関連記事

セルライトは一度できると、自分で落とすことは難しいと言われています。 凸凹になった肌を通常のダイエットで、滑らかにすることは困難です。ここでは、セルライトで悩んでいる方に、人気の痩身エステ体験を紹介しています。セルライト除去マシンとハ[…]

 

 

マッサージ

セルライトには、リンパの流れをよくするために、マッサージを行うこともよいです。

マッサージにはスクラブを使用すると、リンパの流れが刺激されて血流をよくなります。

 

市販のセルライト除去クリーム使用するなら、カフェインやレチノールが配合されているものがよいそうです。

コラーゲンやエラスチンの生成を促進する作用があり、肌が引き締められて、セルライトを目立たなくすることができます。

a

むくみ型セルライトを落とす方法

 

むくみを解消する

むくみは、血行を良くすることで解消できます。

むくみのある部分をマッサージすることで、血流の流れが良くなります。

また、お風呂に入って体を温めることでも、血行が良くなりむくみを解消できます。

 

血行不良は、運動不足にもあります。

座りっぱなしの人や、長時間のデスクワークで同じ姿勢をとり続ける人などは、血の巡りが悪くなります。

適度な運動をすることで血行が促進され、冷え性の改善もできます。

 

また、代謝が低下していると、老廃物や余分な水分を体に溜め込みやすくなるので、代謝の活性化も効果的です。

運動や入浴、温かい食べ物や飲み物をとったり、充分な睡眠を取ることで代謝を上げることができます。

a

繊維型セルライトを落とす方法

 

美容外科・エステで落とす

「繊維型セルライト」は、自分で除去するのが難しいです。

このタイプは通常のダイエットやマッサージで落とすことは困難で、美容外科かエステなどで、専用マシンを使用した方法が必要になるセルライトとされています。

自分で潰そうとすると、逆に悪化させてしまいことこともあります。

a

a

筋肉質型セルライトを落とす方法

 

美容外科・エステ・手術で落とす

「筋肉質型セルライト」は、他のセルライトに比べて、最も除去することが難しいと言われています。

手術や美容外科、エステなどの専用マシンによるセルライト除去が必要です。

エステで使用される専用マシンの中で、特に筋肉質型セルライトに有効なのが、エンダモロジーです。

 

また、ルミセルタッチも、セルライト除去マシンとして即効性が期待できます。

シーズラボでは、セルライトを分解・除去してくれる強力マシン「エンダモロジー」「ルミセルタッチ」「プロテクノウェーブ」の3つのマシンを使用します。

まとめ

セルライトは種類によっては、比較的落としやすいタイプもありますが、通常の脂肪と違って、そう簡単には落とせません。

セルライトができないように、日頃から予防することが大事です。