豆乳ダイエットには無調整豆乳、調製豆乳どっちが効果的?違いは

豆乳はブームになったほど、健康に良いとされている食品です。豆乳ダイエットがあるほど、ダイエットの効果もあります。

でも、豆乳には無調整豆乳、調製豆乳があります。スーパーでは2つが横並びに置いてあるので、どちらも同じと思いがちですが、実は成分などに違いがあります。

具体的にどう違うのか、ダイエットには無調整豆乳、調製豆乳どっちが効果的なのかまとめてみました。

 

豆乳の種類

豆乳の種類

豆乳には、無調整豆乳と調製豆乳があります。

その他に、豆乳飲料があります。

豆乳飲料は、豆乳に他の原料を混ぜたものです。

バナナ豆乳、きな粉豆乳、ココア豆乳などがありますね。

スーパーの豆乳コーナーには、さまざまな豆乳が並んでいます。

豆乳飲料は違いが分かりやすいですが、無調整豆乳と調製豆乳はどこが違うのでしょう。

パッケージも似ていて、間違いやすいです。

でも、ダイエットをしている方にとっては、豆乳の選び方を間違えると十分な効果を得られないこともあるんです。

 

 

無調整豆乳とは

無調整豆乳とは、その名の通り全く調整していない豆乳のことです。

大豆をそのまま絞って、何も加えていない豆乳のことを言います。

 

 

調製豆乳とは

調製豆乳とは、製造の過程で砂糖や塩ななどの添加物を加えた豆乳の事です。

豆乳を飲みやすいようにしてあるのです。

だから、その分カロリーが無調整豆乳よりも高いです。

また、成分にも違いがあります。

 

無調整豆乳と調製豆乳の成分の違い

無調整豆乳は大豆の成分のみ引き継いでいるので、調製豆乳よりカロリーが低くて栄養価が高いです。

 

無調整豆乳と調製豆乳の成分

 

豆腐の種類 カロリー(kcal) タンパク質(g) 脂質(g) 炭水化物(g) カリウム(mg)
無調整豆乳 46 3.6 2.0 3.1 190
調製豆乳 64 3.2 3.6 4.8 170

文部科学省の日本食品標準成分表より

 

無調整豆乳は調製豆乳よりタンパク質が多く、脂質、炭水化物が少ないです。

カリウムも多く含まれています。

カリウムは塩分を汗や尿として体外に排出する作用があるので、むくみを解消する効果があります。

 

 

ダイエットに効果的な豆乳

ダイエットには無調整豆乳、調製豆乳

ダイエットに効果的なのは無調整豆乳です。

無調整豆乳は調整豆乳よりもカロリーが低く、栄養価が高いです。

ダイエットには無調整豆乳を飲みましょう。

ただし、豆乳ダイエットには正しいやり方があるので、やり方を間違えると思ったような効果が得られないばあいがあります。

 

正しい豆乳ダイエットのやり方についてはこちらの記事で紹介しています。

 

関連記事

豆乳は健康にも美容にも良い食品としてブームにもなりました。でも、それだけでなくダイエットにもよいのです。 豆乳ダイエット置き換えには正しいやり方があります。豆乳の選び方、飲む時間帯、飲む量を紹介しています。豆乳の選び方を間違えると痩せ[…]

 

豆乳を調理する時の注意点

最後に、豆乳を加熱する場合は注意が必要です。

豆乳は、約60℃以上になると分離しやすくなります。

豆乳鍋や豆乳スープなど作る場合は、火を弱めてから豆乳を投入し、沸騰させないようにしましょう。

 

ダイエットされている方向きの、豆乳スープレシピについてはこちらの記事で紹介しています。

 

関連記事

豆乳は健康と美容にいいことで、ブームになりました。でも、健康や美容だけでなく、ダイエットにもいいんです。 紹介しているのは、ダイエットに人気がある、低糖質で高タンパク質の豆乳スープのレシピです。ダイエットに向いている食材を使用し、油を[…]

 

まとめ

豆乳に含まれている大豆タンパク質は、牛乳よりも吸収率が高いです。ほとんどが吸収されるので、ダイエットしている方には良質なタンパク質が摂れます。

豆乳が苦手な方は、豆乳鍋や豆乳スープを作ると美味しくいただけます。ダイエットにも効果液な豆乳ドリンクもおすすめです。