短期間に急激に太った時の断食ダイエット方法のやり方

飲み会や宴会などで、暴飲暴食をして1日で太ってしまったということはありませんか。

短期間で急激に太ってしまった場合は、プチ断食ダイエット方法が効果的なんです。

しかし、断食方法には正しいやり方があるので、間違えると効果があまりなかったり体調を崩してしまいます。

ここでは、短期間で太ったときのプチ断食のやり方を紹介しています。

急激に太ってしまってどうしようと悩んでいる方は、ぜひ最後までお読みください。

飲み会や宴会では太りやすい

年末年始やお正月、忘年会、新年会、歓迎会、送別会など、1年の間には様々な行事があります。

飲み会や宴会によっては、食べ放題、飲み放題などがあります。

このような飲み会では、2次会、3次会などがあり、夜遅くまでお酒を飲んだり、おつまみをたべたりしてしまいます。

お酒を大量に飲んだり、カロリーの高いおつまみを食べているとあっという間に太ってしまいますね。

翌朝起きたら、体重が2キロ、3キロ増えてしまったということもあります。

後悔しても、後の祭り。

でも、短期間で急激に太ってしまった場合は、意外と痩せやすいんです。

暴飲暴食して太った場合、元の体重に戻すのはそんなに難しくないです。

短期間に太った場合は痩せやすい

短期間に太った場合、何故、プチ断食が効果的かというと、付いた脂肪はほぼ内臓脂肪です。

飲み会や宴会の翌朝、お腹がポッコリと出ていませんか。

それが、内臓脂肪なのです。

でも、内臓脂肪は落ちやすく、一番最初に燃焼される脂肪です。

ただ、そのまま放置していると皮下脂肪になってしまいます。

長期間にわたって蓄積された脂肪は皮下脂肪となり、落ちにくいです。

付いたばかりの内臓脂肪の時こそ脂肪を落としやすく、元の体重に戻しやすいので、早めに対処することが大事です。

短期間で太ったときはプチ断食が効果的

急激に短期間で太った場合、プチ断食が効果的。

なぜかというと、簡単に言うならば、食べ過ぎた分食べなければ痩せるから。

断食して体は大丈夫なのかと思いますが、過剰に食べすぎると大概、体調が悪くなります。

胃痛がしたり、頭痛がしたり、むくみが出たりします。

プチ断食することで胃が正常に戻り、お通じもよくなって便秘解消。

疲れた胃を休めることもできます。

便秘が解消すると、それによるむくみも取れ、体調もよくなります。

プチ断食のやり方

プチ断食のやり方は、1日食事を抜くことが効果的です。

1日何も食べずに我慢することになりますが、1日断食するだけで痩せます。

体重がどれだけ増えたかにもよりますが、1日で元の体重に戻ることもあります。

若い人だと、基礎代謝量が高いのでより効果的に痩せやすいです。

食べたらいけないだけで飲み物はいいだろうと勝手に決めて、甘い飲み物を飲んだりしたらいけません。

飲み物は

カロリーがある飲み物は一切禁止です。

ただ、ノンカロリーの嗜好飲料はOKです。

1日胃に何も入れないと、空腹に耐えきれない、押さえられないという人は、ノンカロリーの味のある炭酸飲料がおすすめです。

カロリーを気にする人や、ダイエットをしている人の為に、各メーカーから色々な嗜好飲料が出ています。

コカ・コーラやサイダー、スプライトなど。

炭酸が入っていると、お腹が膨れるので空腹を忘れることができます。

空腹を感じたら水分を取ってお腹を満たし、プチ断食ダイエットを成功させましょう。

無理をせずにダイエット

プチ断食に効果は個人差があるので、すぐに痩せない場合は、2日置き、3日置きなどと様子を見ながらやりましょう。

どうしても断食は無理だという人は、1日1食抜くだけでも違います。

1日3食の食事を1食、2食抜く断食方法のやり方

断食はどうしてもできないという人は、ちょっと時間はかかりますが、1日1食または2食の食生活も、ダイエットに効果があります。

個人差はありますが、1週間で元の体重に戻すことも可能です。

ただし、その場合は、バランスの良い食事で、できるだけカロリーは抑えましょう。

カロリーがほとんどない、コンニャクやキノコ類などを食事に取り入れるといいですよ。

できるだけよく噛んで食べると、満腹中枢が刺激されて、いつもより少ない量でも満腹を感じます。

20回位噛んでから、次の食べ物を口にいれるといいです。

食事を抜くやり方・食べる時間帯

1日1食の場合、できるなら、昼と夜の食事を抜くのがおすすめです。

日中は身体を動かすので、食べたカロリーを消耗します。

でも、夜に食べたいという人は、無理せずに朝と昼の食事を抜きましょう。

ただし、夜の食事はカロリーを抑えて、できるだけ早い時間に取りましょう。

1日1食だからといって暴飲暴食すると、ダイエットの効果が全くありません。

寝る前に食事をとるのも、脂肪がつきやすいので食事を抜く効果があまり得られません。

1日2食の場合も、できるなら夜の食事を抜くのがおすすめですが、無理をしてはいけません。

自分に合った方法で、ダイエットを成功させましょう。

プチ断食の後の食事

プチ断食の後の食事は、できるだけ消化の良い食事にしましょう。

おかゆや煮物などの柔らかいものを、ゆっくり味わいながら食べましょう。

味付けは薄くした方がいいですね。

繊維の多い野菜類は避けて、生で食べるよりも、ミキサーで野菜ジュースにしたり、ポタージュにしたり工夫します。

様子を見ながら、徐々に普通の食事に戻していきましょう。

リバウンドしない方法

ダイエットしてせっかく痩せたのに、リバウンドしてしまっては意味がありません。

規則正しい食生活と適度な運動が、リバウンドしない方法です。

ゆっくりと時間をかけて、よく噛んで食べることも大事です。

早く食べると、空腹が満たされないまま次々と食べてしまうので、太る原因になります。

食事の順番も、最初、カロリーの少ない野菜を食べて空腹感を満たすと、食べる量を抑えられます。

食事の方法を改善することも、ダイエットに繋がります。

まとめ

飲み会などの宴会では、いつもよりお酒を飲んで食べてしまいがちです。

お酒のカロリーは種類によって違いますが、高いです。

クリスマスパーティやお正月、年末年始、忘年会、お花見、歓迎会、送別会など。

年中、お酒を飲む機会がありますね。

一度は、1日で太ってしまったという経験があるのではないでしょうか。

そんな時、プチ断食ダイエット方法はおすすめです。

ただし、人によって個人差があり、合わないという人もいるので、初めての人は様子を見ながらよりましょう。