ダイエットに効果的な運動の時間帯、タイミングは?脂肪が燃焼しやすいのはいつ

ダイエットには適度な運動が必要と言われています。でも、運動はいつ行えばよいのでしょう。運動しても効果がなければ、行う意味がありませんね。

ここでは、ダイエットに最も効果的な運動の時間帯、タイミングはいつなのか説明しています。

運動はいつ行っても、同じ効果があるというわけではありません。脂肪が燃焼しやすい時間帯、ダイエットに効率的に働くタイミングがあります。また、どんな運動がダイエットに効果的に働くのかも、まとめています。

 

 

ダイエットに効果的な時間帯・タイミング

有酸素運動はいつ行うとダイエットに効果的

運動には有酸素運動と無酸素運動がありますが、脂肪を燃焼させるの効果的なのは有酸素運動です。

脂肪燃焼には、運動する時間帯も大事です。

朝、昼、夜どの時間帯が、最もダイエットに効果があるのでしょう。

どの時間帯でもよいと思いますが、運動する時間帯によって効果に違いがでてきます。

脂肪燃焼の効率がよいのは、朝の時間帯が最も良いとされていま

 

 

ダイエットに効果的な運動のタイミングは食前、食後

運動は、食前、食後すぐは避けた方が良いです。

食前の体は空腹で、血糖値が不足し十分なエネルギー源がありません。

そのような状態で運動を続けると、人によってはめまいを起こしたり、体調不良を起こしやすくなります。

また、空腹状態で運動すると、さらにお腹が空いてしまします。

運動した後に食事を摂ると、食べ過ぎることがあります。

反対に、食後すぐに運動すると、食べ物を消化するために胃や腸に血流が集中しているので、消化不良を起こしやすく、心臓に負担をかける恐れがあります。

 

食後30分以上空けてから、運動するのがよいでしょう。

 

 

 

有酸素運動中でおすすめの運動は

有酸素運動にはウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳などがあります。

その中でも、ダイエットにおすすめなのがウォーキングです。

ウォーキングは誰でも簡単に始められ、どの年代の方でも体に負担をかけることなく続けることができます。

ウォーキングマシンだと室内ででき、天候に左右されることなく雨の日でもできますね。

また、朝のウォーキングは、ダイエットに効率的に働きます。

 

 

ウォーキングのダイエット効果

朝食後のウォーキングは1日中、血糖値の上昇を抑える

血糖値は食後30分~2時間の間が最も上がり、ブドウ糖を中性脂肪に変える働きのあるインスリンが分泌されます。

1日の中で、食事ごとに血糖値は上がったり下がったりを繰り返します。

朝食の後は血糖値が急上昇し、約2時間後に下がります。

その後、血糖値は昼食前は朝食前より高く、夕食前は昼食前よりもさらに高くなり、夕食後に再度上昇するのです。

朝食後の血糖値が低いと、その後の昼食の前後、夕食の前後とも低くなります。

つまり、朝食後の30分~2時間の間にウォーキングをすると、血糖値の上昇を抑えることができ、太りにくくなるのです。

 

朝食後の30分~2時間の間のウォーキングはダイエットに効果的

 

 

 

交感神経が活発になる朝食後が効率がいい

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。

朝食後が、1日のうちで交感神経が最も活発になります。

交感神経が優位に働く朝食後に運動すると、代謝が上がりやすくなります。

 

 

まとめ

ウォーキングはいつでも気軽に始められる運動で、誰でも長く続けられるという点でもダイエットにはおすすめです。

ダイエットに最も効果的なのは、朝食後30分以上です。仕事をしていて時間のない方は、通勤時間を利用して歩いてみましょう。