ダイエットで食べてもいい果物、太る果物!食べる時間帯はいつ

美味しい果物は、ダイエット中でも食べたいです。でも、甘い果物には糖分が多く含まれています。やはり、ダイエット中は食べるといけないのでしょうか。

そこで、ダイエットで食べてもいい果物、食べる時間帯はいつがよいのかかまとめてみました。また、太る果物はあるのか、そこらへんも調べています。

ダイエット中の果物に関して役立つ情報を説明しています。ぜひ、ダイエットにお役立てください。

 

ダイエット中の果物

甘い果物は、ダイエット中は太ってしまうと我慢してしてしまいます。でも、ダイエットに果物はNGなのでしょうか?

 

ダイエットには果物はNG?

 

果物にはダイエットには不向きと思いがちです。

それは、果物には意外と沢山「糖」が入っているからです。

糖分はダイエットには大敵!

ダイエットをしている人の中には果物を食べない人もいますが、実は果物には食べるとダイエットの効果をアップさせるものもあるんです。

 

 

ダイエットで食べてもいい果物の見分け方

 

果物に含まれる糖には主に3つあります。

 

・ブドウ糖
・果糖
・ショ糖

 

ダイエットで食べてもいい果物の見分け方には、この糖の事を知ることが大事です。

 

インスリンと血糖値

それにはインスリンというホルモンが関係しています。

私たちが食事をとると血糖値が上がます。

その血糖値を下げるために、膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。

糖はエネルギーとして消費されますが、このインスリンは使い切れなった糖を中性脂肪に変える働きがあるのです。

 

つまり、血糖値が上がりにく果物はダイエットでも食べていい果物なのです。

 

3つの糖の中で注目するのが果糖です。

その事についてお話しましょう。

 

 

 

血糖値を上げない糖

 

果糖は吸収されても血糖値を上げないので、ダイエットにはショ糖が少なく果糖が多い果物がおすすめです。

 

さらに、果糖と食物繊維を多く含む果物ほど、血糖値上昇が抑制されるそうです。

 

ただし、果物もカロリーを持っているので、食べ過ぎると太ってしまいます。

1日80kcal以内にしましょう。

 

ダイエットで食べてもいい果物

 

ダイエット中におすすめな果物は、果糖と食物繊維を多く含む果物です。

 

果物の種類 可食部100gあたりのエネルギー(kcal)
キウイ 53
りんご 57
パイナップル 51
グレープフルーツ 38
いちご 34
みかん 45
もも 40
バナナ 86

 

 

果物のカロリーに注意

 

血糖値を上げない果物といっても、カロリーがあるので食べ過ぎには注意しましょう。

 

バナナは、バナナダイエットがありますが、これは置き換えダイエットです。

カロリーが高いので、通常サイズを1日1本までにします。

果物のなかで一番おすすめはキウイです。

フルーツの王様と言われるほど、栄養価が高い果物です。

食物繊維やビタミンCも豊富で、美容にもよいとされています。

 

 

ダイエットに食べてはいけない太る果物

 

果物には食物繊維、ビタミンが豊富に含まれていてダイエットには良いとされています。

ダイエット中に食べても良いですが、食べるタイミングは大事です。

また、カロリーの高い果物には、食べ過ぎに注意しましょう。

 

果物を食べるタイミング・時間帯

果物を食べる時間帯は、ダイエットの効果を左右します。食べる時間帯によっては太ってしまう可能性があるので、気を付けましょう。

 

果物を食べる時間帯は朝・昼・夜?

 

果物を食べる時間帯は、朝がおすすめです。

 

果物の糖質は短時間でエネルギーに変わり、これから活動するために必要なエネルギーとなります。

果物を夜に食べると、余分なエネルギーは脂肪として蓄えられるので、果物に限らず夕食は控えめにすることがダイエットには良いでしょう。

昼でも良いですが、昼よりも朝です。

 

朝の果物は金、昼は銀、夜は銅と言われています。

 

まとめ

 

ダイエットには果物は良いとされています。ただし、カロリーには注意が必要です。また、食べる時間帯は朝がベストです。

よりダイエットを効率したいなら、果糖と食物繊維を多く含んだ果物がおすすめです。