新型コロナが太陽光で不活性化!紫外線の殺菌力で感染を防止

4月23日に米政府高官が、新型コロナウイルスが太陽光によって急速に不活性化するとの研究結果を発表しました。

米国土安全保障省長官の科学技術顧問を務めるウィリアム・ブライアン氏が、ホワイトハウスで「太陽光には、物質の表面と空気中の両方に存在するウイルスを不活性化する作用があるとみられる」と、記者団に対し明らかにしました。

新型コロナウイルスの弱点が分かったわけです。このことによって、新型コロナウイルスの感染防止、対策ができるのではないでしょうか。どんな対策法があるのか、まとめてみました。

 

新型コロナが太陽光で不活性化

ウィリアム・ブライアン氏は、太陽光によって新型コロナウイルスが急速に不活性化する研究結果を発表し、さらに、「温度と湿度にも同様の作用が見られた。温度または湿度、あるいはその両方の上昇は、一般的にウイルスにとって好ましくない」と説明しました。

実験は国立生物兵器分析対策センターで実施。

その実験結果は

ウイルス量の半減期は、気温21〜24度、湿度20%の無孔質の表面で18時間。

しかし、湿度が80%に上昇すると、半減期は6時間に減少。

これに太陽光が加わると、わずか2分にまで減少。

また、新型ウイルスが空気中に漂うエーロゾルの状態になった場合の半減期は、温度21〜24度、湿度20%で1時間。

これに太陽光が加わると、1分半にまで減少。

ブライアン氏は、夏のような状況は「感染を減らすことができる環境を生み出すだろう」と結論付けましたが、感染が減少しても新型ウイルスが根絶されたわけではなく、ソーシャル・ディスタンシング(対人距離の確保)を求めるガイドラインを全面的に廃止することはできないと警告しました。

 

太陽光の紫外線に殺菌効果

太陽の紫外線と殺菌については、さまざまな研究機関で研究が行われているそうです。

菌の種類によって紫外線のよる殺菌効果は異なりますが、すべての菌種に有効であると言われています。

国立衛生試験所の研究では、大腸菌、腸チフス菌、赤痢菌、ブドウ球菌などは、いずれも99.99%殺菌されたそうです。

 

 

日光浴で新型コロナウイルスを殺菌

国立生物兵器分析対策センターでの研究結果で、新型コロナウイルスは紫外線と熱に弱いことが分かりました。

そこで、日光浴で新型コロナウイルスを殺菌して、減菌できないかという説もあるそうです。

毎日1回、1時間以上、紫外線ライトで照射すれば消毒効果があり、また、56℃の温度を30分間保つことでも効果的に消毒できるとのこと。

でも、太陽の紫外線は、紫外線の強さが紫外線ライトに及ばず、温度も56℃になることはないとのこと。

日光浴で新型コロナウイルスを殺菌するというのは、信頼性に乏しいとありましたが、これから研究がさらに進んでくので、国立生物兵器分析対策センターでの実験の結果は、新型コロナウイルス対策の希望となりそうですね。

 

日光消毒で新型コロナウイルス感染防止

日常、洗濯物や布団を干したりします。

布団を天日干しすることでダニ対策にもなります。

普段、何気なく行っている行為ですが、ウィルス殺菌する日光消毒の効果もあるそうです。

洗濯物を室内で干すと、臭いがしませんか。

これは菌の繁殖によるもので、 洗濯物を日光に当てることで太陽の紫外線が殺菌と菌の増殖を抑制するのです。

 

 

日光消毒に効果的な時間帯

紫外線にはUVA(A派)、UVB(B派)、UVC(C派)の3種類ありますが、C派ほとんど地表には届きません。

地上まで届くにはA派とB派で、A派とB派の中ではB派のほうが、殺菌力が強いそうです。

紫外線の量は、11時~午後1時がピークです。

午前10時と午後2時も、1日の中では比較的強いです。

日光消毒をするなら、午前10時~午後2時の時間帯が良いでしょう。

洗濯物や布団だけでなく、日常使用したり触れたるするものも天日干しにすると、新型コロナウイルスの感染予防になるかもしれませんよ。

 

関連記事

日焼け止めのパッケージを見ると、SPF、PAと表示されています。SPFには数値、PAには+が続いて表示されていますが、これはどのような意味を持つのでしょうか。 日焼け止めのSPF、PAとは何で、意味やその効果の違い、使い分けをまとめて[…]

関連記事

1年を通して紫外線が多いのはいつなのでしょうか。月別の紫外線の量を知っておくと、日焼け予防できます。 そこで、1年の中で紫外線で日焼けする時期や季節、時間帯などを、月別や時間帯別に紫外線量を表にしてまとめてみました。どの月が、どの時間[…]

 

 

抗ウイルスカーテンとは

リリカラ株式会社では、2014年9月からインフルエンザなどのウイルスを不活性化させる光触媒加工「ルミレッシュ」を施した「抗ウイルスカーテン」を販売しています。

「ルミレッシュ」とは、昭和電工グループが開発した「可視光応答型光触媒」で、光触媒に光が当たると、空気中の水分と酸素が反応して活性酸素を発生し、ウイルスを不活性化。

リリカラの「抗ウイルスカーテン」は、その光触媒材料「ルミレッシュ」を採用したカーテンで、室内の光でもウイルスを不活性化するそうです。

インフルエンザやノロウイルスの感染リスクを低減する機能も備えていて、抗ウイルス効果は長期間持続。

洗濯してもその効果は落ちない。

新型コロナウイルスの感染予防には繋がりませんが、ウイルス予防の参考にして下さい。

 

商品情報(参考)

ドレープとレースの計11種類
ドレープP1197:5600円/m
レースP1301 :1,450円/m

会社情報

問い合わせ先:リリカラ株式会社
電話:03-3366-7490
URL:http://www.lilycolor.co.jp/

 

まとめ

太陽の紫外線に、新型コロナウイルスが弱いことが明らかになりました。未だに終息の見えませんが、これで少しは安心感があったのではないでしょうか。

これからだんだんと暑くなって、太陽の光がサンサンと降り注ぐ夏がなってきます。夏になって新型コロナウイルスが殺菌され、終息に近づく事を期待します。