ダイエットに適した食べ物・効果的な食材!NGの食べ物・飲み物

ダイエット中はどんなものを食べていいのでしょう? 悩んでしまうこともあります。

ダイエットには、効果的な食材や食べ物があります。逆にダイエットの妨げるとなる、食べてはいけない食べ物、飲んではいけない飲み物があります。

ここでは、ダイエットにいい食べ物や効果的な食材、ダイエットにはNGの食べ物、飲み物を紹介しています。

 

 

目次

1.ダイエットにいい食べ物や食材
1.肉類(脂身の少ない)
2.魚介類(脂身の少ない)
3.大豆食品(豆腐・納豆)
4.野菜(緑黄色野菜)
5.ナッツ類
6.海藻類
7.きのこ類
8.こんにゃく類
9.発酵食品
10.おすすめの食材

2.ダイエットで食べてはいけない食べ物・NGの食べ物
1.お菓子・スナック類
2.ごはん・麺類・パン
3.芋類
4.ドライフルーツ

3.「食べてはいけない食べ物」以外の食べ物
1.調味料・ドレッシング類(砂糖・油を含んでいるもの)

4.ダイエット中に飲んではいけない飲み物
1.清涼飲料・炭酸飲料

5.まとめ

a

ダイエットにいい食べ物や食材

ダイエットにいい食べ物です。

その中でも、どのようなものがダイエットにいいか説明しています。

また、ダイエットをサポートする、おすすめの食材も紹介しています。

 

1.肉類(脂身の少ない)

牛肉、豚肉、鶏肉などです。

脂身の少ない部位がおすすめです。

運動量を増やして筋肉をつけると、基礎代謝が上がってダイエットにも効果的です。

 

 

2.魚介類(脂身の少ない)

魚介類は、脂身の少ないものを中心に摂るのが良いでしょう。

タイ、ヒラメ、カツオなどです。

お刺身にしたり焼いたり、シンプルな調理法がおすすめです。

 

 

3.大豆食品(豆腐・納豆)

良質なタンパク質が取れる大豆食品は、健康にも良いです。

豆乳の場合は無調整豆乳と調製豆乳があるので、無調整豆乳を選ぶよういしましょう。

無調整豆乳とは、何も加えていないそのままのものですが、調製豆乳は砂糖などが加えてるので避けましょう。

 

無調整豆乳と調製豆乳については、こちらのサイトで紹介しています。

 

関連記事

豆乳はブームになったほど健康に良いとされている食品ですが、ダイエットの効果もあります。 豆乳には無調整豆乳、調製豆乳があります。どちらも同じと思いがちですが、実は成分などに違いがあります。 無調整豆乳、調製豆乳はどこが違うのか、[…]

 

a

5.野菜(緑黄色野菜)

野菜は特に、緑黄色野菜がおすすめです。

野菜類にも糖質が含まれています。

緑色の濃い葉の野菜は糖質量が少ないです。

 

a

4.ナッツ類

ナッツ類は間食に食べると良いでしょう。

良質な脂肪や食物繊維を含んでいます。

特にアーモンド、クルミ、ピスタチオはおすすめです。

 

ダイエット効果のナッツの種類については、こちらのサイトで紹介しています。

 

関連記事

ナッツには、動脈硬化や心筋梗塞を予防、改善する効果があると言われていて、健康によい食品です。 また、ナッツには食物繊維や不飽和脂肪酸を多く含んでいて、間食に食べるとダイエットの効果があると言われています。 しかし、ナッツはカロリ[…]

 

a

 

6.海藻類

海藻類はノンカロリーです。

ダイエット食としてもおすすめ。

特にワカメは調理しやすいです。

ワカメサラダやワカメスープ、お味噌汁入れたりして食べましょう。

 

a

7.きのこ類

きのこ類にはビタミンDやビタミンBのビタミン類、ミネラル類、食物繊維が豊富に含まれていて、しかも低カロリーです。

煮物や炒め物、スープ、お味噌汁などに様々な料理に合います。

 

a

8.コンニャク類

コンニャク類はノンカロリーなので、かさ増しに重宝な食材です。

糖質をごはんなどの主食で減らすと、なんだか物足りなく口寂しいです。

コンニャク料理で、1品足すと食卓が賑やかになります。

 

a

9.発酵食品

発酵食品とは、微生物の働きによって食材を発酵させた食品のことで、納豆、みそ、ヨーグルト、キムチ、チーズなどがあります。

発酵食品は腸内環境を整えたり、代謝を上げる効果があり、ダイエットにつながります。

ただし、食べる量には気を付けましょう。

特にキムチは塩分を多く含んでいるので、たくさん食べていけません。

1日50gが良いと言われています。

 

キムチの食べる量については、こちらのサイトで説明しています。

a

関連記事

キムチは発酵食品で、ダイエットに効果のある食品と言われています。 キムチダイエットというのがあるように、キムチでダイエットをする方もいます。ここでは、キムチを食べてダイエットしたい方に、必要な情報をまとめてあります。 キムチダイ[…]

 

 

10.おすすめの食材

肉類などのたんぱく質をとって運動をし、筋肉量を増やすと基礎代謝が上がり、ダイエットにもつながります。

特に、脂身の少ない鶏ささみや鶏むね肉はおすすめです。

また、ノンカロリーのコンニャクも、寂しくなりがちな食事に取り入れましょう。

オイルでは脂肪がつきにくい油、中鎖脂肪酸中性脂肪(MCTオイル)などを使用すると良いですね。

 

 

ダイエットにいい鶏肉の部については、こちらのサイトで紹介しています。

 

関連記事

ダイエットには鶏肉がいと言われています。でも、鶏肉にはもも肉、胸肉、ささみなどがありますね。ダイエットにはどの部位が良いのでしょう。 そこで、ダイエットにいい鶏肉の部位はもも、むね、ささみのどれなのか、部位のカロリー、脂質とタンパク質[…]

a

 

ダイエットで食べてはいけない食べ物・NGの食べ物

油っこい食べ物や糖分の多い食べ物は、ダイエットでは食べてはいけない食べ物です。

 

1.お菓子・スナック類

お菓子やスナック類は基本、食べないようにしましょう。

ダイエットにはNGの食べ物です。

どうしても我慢できない時は、カロリーオーバーしないように食べる量と食べる時間帯に気を付けましょう。

夜寝る前は、食べてはいけません!

おやつは3時がおすすめです。

昼の3時は、太りにくい時間帯です。

 

a

2.ごはん・麺類・パン

主食となるごはん・麺類・パンは食べてはダメなものですが、全く食べてはいけないというわけではいけません。

カロリーオーバーしなければよいので、少量にしたりすると良いです。

カップラーメン類もダメなものです。

麺類はうどん、そば、そーめん、パスタ、マカロニなどです。

ご飯を食べたい方は、白米より玄米がおすすめです。

玄米には白米に比べて、ビタミン類、ミネラル類、食物繊維を豊富に含んでいます。

 

玄米のダイエット効果は、こちらのサイトで詳しく説明しています。

a

関連記事

健康、美容、ダイエットに効果があるとされている玄米、もち麦、雑穀米ですが、さらにスーパー大麦という商品も出ています。 ここで比較しているのは、玄米、発芽玄米、もち麦、スーパー大麦(雑穀米)の4つです。 この中で最もダイエットに効[…]

a

発芽玄米を食べてみたという方は、発芽玄米市場で売上№1の「ファンケルの発芽米」を半額でお試しできます。オリザノールやフェルラ酸、ビタミン、食物繊維、GABAをしっかり摂ることができます。

公式サイト⇒ 発芽玄米を食べてみたという方はこちら「ファンケルの発芽米お試しセット 1.5kg/780円 送料無料」

 

 

3.芋類

芋類には糖質が多く含まれています。

さつまいも、じゃがいも、里芋、山芋などです。

またn根菜類も、でんぷんを多く含んでいるものが多いです。

食べる時は、食べる量に気を付けましょう。

 

a

 

4.ドライフルーツ

ドライフルーツは果物を乾燥させているので、その分濃縮されて糖分が多いです。

ドライフルーツだけでなく、生の果物も気を付けなくてはいけません。

意外と多く、糖分を含んでいます。

 

a

「食べてはいけない食べ物」以外の食べ物

食べ物ではありませんが、ダイエット中に気を付けなければいけないものです。

 

調味料・ドレッシング類(砂糖・油を含んでいるもの)

調味料やドレッシング類には、たいがいお砂糖が入っています。

醤油やみりんにも、糖質が含まれています。

ドレッシングを野菜サラダにたっぷりとかけて、糖質をたくさんとってしまうことがあります。

また、油が入っているドレッシングもあります。

見逃してしまいがちですが、使用する時は気を付けましょう。

砂糖が少なめで、ノンオイルの調味料やドレッシング類を選びましょう。

 

a

ダイエット中に飲んではいけない飲み物

ダイエット中に飲んではいけない飲み物です。

 

清涼飲料・炭酸飲料

清涼飲料や炭酸飲料には、たくさんお砂糖が入っています。

糖質制限ダイエットではNGです。

ゼロカロリーの飲料もNGです。

ゼロカロリーの飲料は、法律上で、100ml で5kcal 未満だったら、「ゼロ」カロリーと表示してもいいんです。

500ml では 24kcal ならば「ゼロ」カロリーの表示がOKとなります。

 

ダイエット中の飲み物については、こちらのサイトで詳しく紹介しています。

関連記事

ダイエット中は食べ物には気を付けますが、飲み物には油断しがちです。 飲んで太ってしまったとならないように、ダイエット中に飲んでも太らない飲み物と、飲んではいけない飲み物を紹介します。 さらに、ダイエット効果のある飲み物を取り入れ[…]

 

 

a

 

まとめ

ダイエットでは、食べていいものとNGの食べ物があります。知らずに食べていると、思った以上に糖質の多い食品もあります。分からない場合は、調べてみると良いでしょう。

また、良質なたんぱく質を摂ることをおすすめします。ささみや胸肉の食材をとって運動をし、筋肉をつけると、よりダイエットにつながります。