サウナと岩盤浴ではどっちがダイエット効果がある?痩せるのは

サウナと岩盤浴、どちらも大量に汗をかきますが、痩せる効果があるのはどっちなのでしょう。

サウナと岩盤浴の違いから、サウナと岩盤浴とではどっちがダイエット効果があるのかまとめてみました。

より減量ができるのはどちらなのか、またダイエット以外の効果についても説明しています。

 

サウナと岩盤浴の違い

サウナとは

サウナとは蒸し風呂のことで、80~90℃位の温度に設定されています。

サウナに入ることで大量の汗が出ます。

健康に良いとされ、様々な効果ああります。

岩盤浴とは

岩盤浴は、サウナに比べて低温です。

40℃~50℃位の温度に設定されています。

岩盤浴とは、温めてある石のベッドの上に横になり、石から発せられる遠赤外線によって汗をかくというものです。

岩盤浴に使用されている石は、主に天然石や岩石で、ゲルマニウムやトルマリンを中心とした温めることで遠赤外線を発します。

サウナと岩盤浴の違い

サウナは身体の表面から温めるのに対し、岩盤浴は身体の内側からじんわり温めます。

サウナは一気に大量の汗をかきますが、岩盤浴は 汗をかくまで長く時間がかかります。

そのため、岩盤浴の場合は皮脂腺から汗が出るようになります。

サウナで出る汗は、汗腺から出る汗です。

汗腺からの汗は、毛穴の汚れを流して肌を綺麗にしてくれます。

皮脂腺から出る汗は体内の老廃物だけでなく、毛穴に詰まった皮脂や老廃物も押し流します。

なので、サウナよりもデトックス効果が高いのです。

では、ダイエットではどちらが効果があるのでしょう。

 

 

サウナと岩盤浴の痩せる効果

サウナの効果

サウナに入ると、褐色脂肪細胞という脂肪燃焼の働きが活発になり、ダイエット効果が期待できます。

血行が良くなるので、代謝を上げることができ、痩せやすい体質にしてくれます。

また、サウナに入って休憩すると、甲状腺ホルモンの分泌量が増えて代謝が上がるそうです。

サウナは温冷交代浴によっても、代謝をアップさせることができます。

温冷交代浴とは、「温める」「冷やす」を繰り返すことです。

サウナ→水風呂→サウナを繰り返します。

さらに、サウナに入って水風呂で冷やすことで、副交感神経が活発になります。

副交感神経は、体をリラックスさせる働きがあります。

ダイエットに効果的なサウナの入り方についてはこちらに紹介しています。

関連記事

サウナで減量はできないという事を聞きますが、本当に痩せる効果はないのでしょうか。 結論から言うと、サウナはダイエット効果があります。サウナに入るだけで減量できるので、とても簡単なダイエット方法ですね。 ここでは、よりダイエット効[…]

 

岩盤浴の効果

岩盤浴は身体の芯からじんわり温め、じっくりと汗をかきます。

血行が促進され血の巡りが良くなることで、栄養分がスムーズに運べるようになり代謝が高まります。

その結果、痩せやす体質になりダイエットにもつながります。

その他に、デトックス効果、疲労回復効果、リラックス効果もあります。

 

ダイエット効果があるのはサウナ?岩盤浴?

結局、ダイエット効果があるのはサウナ、岩盤浴のどっちかというと、どちらにも痩せる効果はあります。

個人差もあるようで、サウナの方が痩せたという人もいれば、岩盤浴の方が効果があったという人もいます。

サウナ、岩盤浴のどちらを選んだらよいかというと、長く続けられる方をおすすめします。

ダイエットは続けることが大事です。

自分に合っているのはサウナなのか、岩盤浴なのか見極めることです。

料金から言うと一般的に、サウナより岩盤浴が高いです。

費用を抑えたいなら、サウナです。

 

食事に気をつける

また、サウナも岩盤浴も入っただけで痩せるというわけではありません。

減量するなら、食事にも気をつけなけらばいけません。

入った後でジュースやビールをガブガブ飲むと、かえって太ってしまいます。

サウナor岩盤浴と、栄養バランスの取れた食事で減量を目指しましょう。

 

まとめ

一般的に、岩盤浴よりもサウナがある浴場が多いです。日常的に利用するならサウナが、通いやすいでしょう。

岩盤浴やサウナにはリラックス効果もあるので、ストレス解消にもなります。日頃の疲れを癒す、憩いの場としてもおすすめです。