サウナでダイエット!サウナで簡単に痩せる効果的な入り方

サウナで減量はできないという事を聞きますが、本当に痩せる効果はないのでしょうか。

結論から言うと、サウナにはダイエット効果があります。サウナに入るだけで痩せることができるので、とても簡単なダイエット方法です。

しかし、正しいやり方でないと痩せられません。ここでは、ダイエットに効果的なサウナの入り方を紹介しています。

 

 

目次

1.サウナの効果
1.新陳代謝を上げる
2.冷え性改善・むくみ改善
3.カロリー消耗
4.睡眠の質を良くする
5.ストレス解消
6.デトックス効果はある?

2.ダイエットの効果的なサウナの入り方
1.サウナは空腹時に入る
2.サウナに入る前に体を温める
3.サウナに入っている時間
4.サウナから出た後はシャワーを浴びる
5.サウナの最後に水風呂に入る
6.効果的なサウナの入り方
7.サウナでの温冷交代浴とは?

3.サウナに入る時、入った後の注意点
1.体調が悪い時はやめる
2.サウナから出た後は水分補給
3.食事には注意

4.まとめ

a

サウナの効果

サウナにはダイエット以外にも、体のよい効果がたくさんあります。

 

新陳代謝を上げる

サウナに入ると、体が温められることで血行が促進し、代謝が上がります。

その結果、痩せやすい体質になりダイエットにつながります。

 

冷え性改善・むくみ改善

身体が温まって血行が良くなることで、代謝も上がります。

また血行が促進されることで、冷え性改善、むくみ改善の効果もあります。

 

カロリー消耗

サウナは1時間で約150kcalを消費します。

ウォーキングが1時間あたり200kcalです。

消費カロリーはそこまで高くはないですが、代謝を上げたり、脂肪燃焼を活発にしたりする効果を考えると、ダイエットには十分効果があります。

a

 

睡眠の質を良くする

サウナに入って水風呂で体を冷やすことで、自律神経が刺激され、睡眠の質を高めてくれます。

質の良い睡眠は、寝ている間に成長ホルモンが多く分泌され痩せやすい体質になります。

 

ダイエットと睡眠時間については、こちらのサイトで詳しく紹介しています。

a
関連記事

睡眠不足になると太るという事を聞いたことはありませんか。これは、本当のことでしょうか?ダイエットをされている方は、気になることですね。 そこで、ダイエットに効果のある睡眠時間は何時間なのか、まとめてみました。ダイエットと睡眠時間は深い[…]

 

ストレス解消

サウナに入ることが気分転換になり、ストレス解消にもなります。

また、副交感神経は体を冷やすことで活発になるそうです。

サウナに入って水風呂で冷やすと、その行為が副交感神経を活発にします。

副交感神経には、体をリラックスさせる働きがあります。

 

デトックス効果はある?

サウナに入って大量に汗を流すことで、老廃物を排出することができると言われてきましが、最近の研究で、発汗には体内の毒素を排出する効果はほとんどないということが分かりました。

残念ですが、サウナにはデトックス効果はありません。

しかし、サウナには他にも様々な効果があるので、ダイエットにもつながるのです。

 

ダイエットの効果的なサウナの入り方

痩せることができる、サウナの入り方について説明していきます。

正しい入り方でないと、痩せることはできません。

 

サウナは空腹時に入る

サウナは食後に入るのではなく、空腹時に入ると効果的です。

食事と食事の間に入ると、痩せる効果を得られます。

 

サウナに入る前に体を温める

サウナに入る前に体を温めると毛穴が開いて、汗が出やすくなります。

湯船に浸かって体を温めてから、サウナに入りましょう。

 

サウナに入っている時間

サウナには10~15分を目安に入ります。

サウナの中に入ると、5〜10分くらいで体温が1度上昇すると言われています。

体温が1度上がると、代謝が12〜13%アップするとされています。

a

 

サウナから出た後はシャワーを浴びる

サウナから出た後に30秒間くらい水シャワーを浴び、また、サウナに入ります。

「サウナ」と「シャワーを」を、5回程度繰り返すします。

そうすることで、「褐色脂肪細胞」を活性化できるそうです。

「褐色脂肪細胞」は脂肪を燃やす機能を持つので、活性化させることで脂肪燃焼でき、ダイエットにつながるのです。

「褐色脂肪細胞」は、脇の下、脊髄周辺、首周辺、肩、肩甲骨周辺にあるので、この部分に集中的に水をかけると良いです。

 

サウナの最後に水風呂に入る

水風呂に入るタイミングは2つあります。

サウナから出る度に水風呂に入るか、サウナの一番最後に出た後、水風呂に入るかです。

どちらが良いかというと、サウナの一番最後に出た後が、よりダイエットに効果的です。

サウナに入ると、大量に汗を搔きます。

サウナから出る度に水風呂に入ると、汗が引っ込んでしまい、汗を搔く量が減ります。

サウナに繰り返し入って汗をたっぷり搔き、最後に水風呂に入ってしっかり冷やすことで血行が促進しされ、代謝を上げることができます。

 

効果的なサウナの入り方

サウナに入ったら、水風呂には入らずに水シャワーを浴び、体を休ませて落ち着いてからサウナに入ります。

それを4~5回繰り返すことで、「褐色脂肪細胞」を活性化させることができ、脂肪燃焼できます。

 

サウナでの温冷交代浴とは?

温冷交代浴というは、「温める」「冷やす」を繰り返す方法です。

「熱いお湯の入浴」と「水風呂の入浴」を交互に繰り返して行い、ダイエットにもよいとされている入浴法です。

サウナでの温冷交代浴は、「サウナに入る」と「水風呂に入る」を繰り返すことです。

そうすることで、疲労回復効果や自律神経の乱れを改善する効果があるそうです。

 

ダイエットに効果的なお風呂の入り方は、こちらのサイトで詳しく説明しています。

a

関連記事

お風呂にはさまざまな健康効果だけでなく、ダイエット効果もあります。 ダイエットにはお風呂の入り方が重要です。間違ったやり方だと、痩せる効果が得られません。 ダイエット効果のある、お湯の温度や湯船に浸かる時間、湯船に浸かる回数など[…]

 

サウナに入る時、入った後の注意点

サウナに入る時の注意点と、ダイエットの効果を十分に出すための、入った後の注意点です。

 

体調が悪い時はやめる

体調が悪い時は、サウナに入るのはやめましょう。

サウナの中で具合が悪くなることもあります。

サウナだけでなく、体調が悪い時は入浴もしないようにしましょう。

また、飲酒後のサウナもNGです。

 

サウナから出た後は水分補給

サウナから出た後は1口程、水を飲んで水分補給をしましょう。

サウナに入ると、500ミリリットル以上の水分が体から流れます。

脱水を予防するだけでなく、水分を補給することで汗をかきやすくなります。

 

食事には注意

サウナの後の食事には気を付けましょう。

ダイエット効果を求めるなら、サウナの後にビールをがぶ飲み、脂っこい食事などもってのほかです。

栄養バランスの取れた食事をして、減量につなげましょう。

 

まとめ

サウナにはダイエットだけでなく、さまざまな効果があります。デトックス効果もあり、美容にも良いのです。

サウナに慣れない方は、最初は中に入っている時間を短くして、徐々に長く入れるようにしていきましょう。