ダイエット中のお風呂は食前、食後のどっち!実際に試してみた

ダイエットに良いとされる入浴ですが、食前と食後のどちらが良いのか様々な意見があります。

そこで、実際に、お風呂に入るタイミングを食前、食後の両方、どちらが痩せるダイエット効果があるのか実際に試してみました。

さらに、朝、夜、どの時間帯がダイエットに効果的なのかまとめてみました。また、お風呂に入らない方がいいタイミングもあるので、その説明もしています。

 

 

ダイエット中のお風呂に入るタイミングは食前、食後?

ダイエット中のお風呂に入るタイミングは、食前か食後のどっちが効果的なのでしょう。実際に試してみました。

 

ダイエット中は食前に入るのがおすすめ

ずばり、結論から言うと、ダイエットには食前に入るのがおすすめです。

実際にダイエットで、最初の1ヶ月間は食前にお風呂に入り、その後の1ヶ月間は食後にお風呂に入ってみました。

その結果は、食前にお風呂に入った1ヶ月間は3キロ痩せましたが、食後にお風呂に入った場合は約1.5キロしか痩せませんでした。

 

ダイエットに効果的な風呂の入り方

効果的な風呂の入り方によっても、ダイエット効果が違ってきます。

私が実践していたお風呂の入り方です。

 

1.お風呂の温度は40度位

2.全身浴で肩までつかる

3.汗を搔くまで入る

4.お風呂に入ったり出たりを最低5回繰り返す

5.入浴時間は1時間位

 

 

なぜ、食前、食後でダイエット効果が違うのか?

食前と食後で、痩せる効果が違うのはなぜでしょう?

 

空腹時は痩せるタイミング

空腹時は、脂肪を燃焼させるのに最も効果のある時間だと言われています。

お腹がすいた状態を空腹といますが、この時、運動によって糖分を消費すると、身体は体脂肪を利用してエネルギーを補おうとするので痩せやすくなります。

お風呂に入ることは運動ではありませんが、運動と同じようにカロリーを消耗します。

 

 食前の入浴は食欲抑制する

食前にお風呂に入ると、全身に血液が回ることで胃腸の働きが鈍くなり、胃液の分泌が抑えられるので食欲が抑えられます。

食事の量を抑えられて、ダイエット効果があるという訳です。

 

入浴を避けた方がいいタイミング

食後直ぐの入浴は避けた方が良いです。

消化不良を起こし、胃腸の調子が悪くなります。

入浴により胃腸の血液循環が悪くなり、胃液の分泌、胃腸の運動が低下してしまうからです。

その結果、食物の消化吸収が不良となります。

ダイエットに関わらず食後は、30~60分程度は空けて入浴することをおすすめします。

 

 

 

お風呂に入る時間帯は朝、夜?

お風呂に入る時間帯は朝、夜がどちらがダイエットに良いのか、説明していきます。

 

ダイエットにはお風呂は夜に入るのがおすすめ

 

朝風呂の効果

朝風呂は、体の活動のスイッチである「交感神経」をオンにして活発にします。

体温が上昇し、基礎代謝も上げてくれるので痩せやすい体に導いてくれると言われています。

 

夜の風呂の効果

夜にお風呂に入ると副交感神経が優位になり、心身がリラックスした状態になって寝つきが良くなり、良質な睡眠がとれます。

また、お風呂に入ると体温が上昇するので代謝が上がります。

お風呂に入るのは朝、夜のどちらがよりダイエットに効果的かというと、夜がおすすめです。

夜の時間帯の方が朝よりもリラックスしてゆっくりと入れ、ストレス解消にもなり、十分な睡眠がとれて痩せやすくなります。

睡眠してる間も、体はエネルギーを消耗しています。

十分な睡眠を取ると、約300Kカロリーを消費すると言われています。

 

 

 

ダイエットに効果的なお風呂の入り方

お風呂の入り方には、半身浴と全身浴があります。

半身浴と全身浴のどちらがカロリーを消耗するかというと、全身浴の方が消費します。

ダイエットに全身浴です!

全身浴で、200kcal以上消耗するのも可能です。

ダイエット中、シャワーで済ませていた人は、全身浴をしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

ダイエットに効果的なお風呂の入るタイミングは、食前、食後と分かれることがありますが、結論は食前という結果になりました。

さらに、夜の時間帯に全身浴をおすすめします。日本人の大好きなお風呂は、正しい入浴法でダイエットに役立てましょう。