ダイエット後のリバウンドしない食事の戻し方!体重を安定させる方法

ダイエット後に食事を元に戻すと、リバウンドしてしまったということはよく聞きます。

ここでは、ダイエット終了後、リバウンドしない食事の戻し方を紹介しています。体重を安定させるには、ダイエット後の食事が重要です。

また、なぜダイエット終了後に元の食事に戻すとリバウンドするのか、その理由も説明しています。

 

 

ダイエットでリバウンドする原因

ダイエットに成功しても、その後に怖いのがリバウンドです。

せっかく痩せても、元の体重に戻ってはダイエットした意味がありません。

ダイエット後、食事を元に戻すとリバウンドする人が多いです。

極端にたくさん食べたわけでもないのに、普通に食べても太ってしまいやすいです。

それには、太りやすくなる理由があります。

 

ダイエット後は基礎代謝が低下する

ダイエット後は、基礎代謝が低下しやすいです。

ダイエットで筋肉量が減ると、基礎代謝が落ちてしまいます。

筋肉は体を支え、体温をつくり出す働きをしています。

基礎代謝の中でも、一番多くエネルギーを必要とするのです。

筋肉をキープできれば基礎代謝は低下しないかというと、そうでもないのです。

過度の食事制限ダイエットは、基礎代謝率を下げていきます。

筋肉を維持できたからといって、リバウンドしないということはないのです。

 

 

ダイエット後はエネルギーを吸収しやすい

人間が飢餓状態になると、生命を維持する危機管理システム「ホメオスタシス」が働きます。

この「ホメオスタシス」機能が働くと、少しのエネルギーでも生きられるように、エネルギー消費を減少させます。

食事からとるエネルギー吸収率を高め、基礎代謝量を低く抑えるのです。

つまり、最大限のカロリーを吸収し、消費するエネルギーは最小限にするのです。

 

停滞期については、こちらのサイトで詳しく紹介しています。

関連記事

ダイエットをしていると、ある日を境に痩せなくなる時があります。いわゆる停滞期です。 ダイエットで訪れる停滞期とは何か、その原理を説明してます。 停滞期を知ることで、乗り越えやすくなります。また、停滞期を最小限にする方法や、停滞期[…]

 

減量とレプチンの関係

ダイエット後にリバウンドする原因には、レプチンにもあります。

「レプチン」とは、脂肪細胞から分泌されるホルモンです。

レプチンは、体重が落ちると分泌量も減ってきます。

すると、脳はレプチンが少なくなったという状態を「体が飢餓状態にある」と認識して、エネルギーの蓄えを増やすようにという指令を出します。

減量によって発生する「飢餓状態にある」という信号は、ダイエット終了後も、なお続いてしまいます。

ダイエット後に食事を元に戻すと、体は飢餓状態のままなので、太りやすいのです。

レプチンの分泌量が、戻るには約1ヶ月の時間がかかるそうです。

飢餓状態から抜け出すには、最低1ヶ月必要となります。

 

 

リバウンドしない食事の戻し方

リバウンドすると、今までの努力が無駄になってしまします。

ダイエット後の食事には、注意する必要があります。

 

段階的に食事を戻す

レプチンの量を基に戻すには、最低1ヶ月必要です。

どれくらいの期間でレプチンの分泌量が元に戻るかは個人差もあります。

ダイエット後は、すぐ通常の食事量に戻すのではなく段階的に増やしていきます。

 

2週間まで

ダイエット終了後、これまで主食を抜いていた人は、2週間までは、主食は朝食または昼食に取るようにしましょう。

食事は栄養素をバランスよく取るようにし、摂取カロリーもまだ元のカロリーには戻さないようにします。

様子を見ながら、タンパク質や野菜中心に量を増やしていきます。

 

3週間後~

3週間後からは炭水化物も加えて、徐々に食事の量を増やしていきます。

主食を抜いていた人は、主食も朝食と昼食に取り、様子を見てみます。

 

4週間後~

4週間目からは、体重が増えていなければ、夕食に軽く主食も加えてみましょう。

その後は様子を見ながら、段階的に食事量を増やしていきます。

毎日、体重は記録しチェックすることを忘れないようにしましょう。

体重が安定して、元に戻らなければ大丈夫です。

 

 

まとめ

ダイエット後にリバウンドしないためには、段階的に食事を戻すことが大事です。体重が安定する期間は、個人差もあります。

体重が落ち着くまでは、食事には気を付けて様子を見ながら増やしてきましょう。