ダイエットの停滞期とは?原理や起こさない(最小限にする)方法を説明

ダイエット期間中に現れる、停滞期に苦しんでいる人は多いです。でも、この停滞期とはなぜ起こるのでしょう。停滞期が起こらないようにすることはできないのでしょうか。

ここでは、ダイエットで起こる停滞期とは何か、その原理を説明してます。そこから、停滞期を最小限にとどめ、できるだけ起こさないようにする方法や乗り越え方を紹介しています。

停滞期で悩んでいる人は、ぜひお読みいただいてダイエットにお役立てください。

 

ダイエットの停滞期とは

停滞期とは何

ダイエットの期間中に起こるのが停滞期です。

その名の通り、痩せなくなるのです。

今まで順調に体重が落ちていたのが、ある時を境に落ちなくなります。

これは急激な体重減少をしている方に、起きやすい現象です。

停滞期は過度の食事制限や運動など、短期間で大幅の減量を目指している人に多いです。

私もダイエットをした時に、この停滞期がありました。

痩せないどころか、私の場合は太ってしまいました。

痩せないイライラから、食べ過ぎてしまったことが原因です。

私のようにならないように、停滞期の原理について説明していきます。

 

停滞期が起こる原理

停滞期には「ホメオスタシス機能」が関わっています。

「ホメオスタシス機能」とは人間の体に備わった危機管理システムです。

簡単に言うと、人間が飢餓状態になったときに働く機能です。

人間が生きるための重要な機能を、環境が変わっても常に正常に保つための働きのことを言うのです。

食事をほとんど取らない状態が続いたり、ある程度の体重が減少した時に「ホメオスタシス機能」が働きます。

「ホメオスタシス機能」は食事からのエネルギーの吸収率を高めたり、1日に必用な基礎代謝量を低く抑えたりして、それ以上の体重減少を防ぐのです。

 

停滞期はいつから起こっていつ終わる

停滞期はダイエットを始めてから、1ヶ月前後に起こることが多いです。

個人差はありますが、約1ヶ月間続きます。

停滞期が現れるとストレスになり、過食に走ってリバウンドしやすいです。

私もそうでした。

でも、この停滞期はダイエットしている全ての人に起こるというわけではないんです。

停滞期を起こさない方法があります。

その事についてお話しましょう。

 

停滞期を最小限にする

停滞期を最小限にするには

停滞期は減量を始めてから1ヶ月前後、または体重の5%減少したタイミングから始まることが多いです。

どのくらい続くのかは個人差がありますが、1ヶ月前後続くことが多いです。

ホメオスタシス機能の働きを最小限にするには、1ヶ月に減量する体重を5%以内にすることです。

現在、体重が60キロの人の場合、

60×0.05=3

60キロの人の場合は、3キロ体重が減少した時点からホメオスタシス機能が働くことになります。

1ヶ月に減量する体重を1kg以内にするなど、ゆっくりとしたペースで落とすと、ホメオスタシス機能の働きを最小限にとどめることができます。

 

1ヶ月の減量体重は停滞期を見込んだ設定をする

停滞期は個人差があり減量後、いつから始まってどのくらい続き、いつ終わるかは個人差があります。

私の友人は、ダイエット期間中、1週間痩せない時があったそうです。

1ヶ月2キロの減量を設定していました。

また、1ヶ月以上停滞期が続いた知人もいます。

その方は、1ヶ月5キロの減量を設定していました。

また、停滞期がない人もいます。

停滞期を起きないように、最大限にフル回転ささせないようにするには、1ヶ月に減量する目標体重の設定が大事です。

 

停滞期の乗り越え方・脱却法

1ヵ月に1キロなど、ゆっくりと緩やかに落としていくと、停滞期を短く最小限にすることができます。

そうすることで停滞期から早く脱却でき、乗り越えることができます。

過度の食事制限をして、無理なダイエットをしないことです。

ダイエットを始める前に目標体重を決め、停滞期はくるものとして1ヶ月に減量する体重を設定します。

停滞期がきても、それは減量できているからくるものとし、停滞期が過ぎるまで同じようにダイエットを続けることです。

そうすると、停滞期はやがて去っていき、また体重は落ちていきます。

停滞期を乗り越える自信のない方は、1ヶ月に1キロといったように減量体重を抑えることをおすすめします。

 

体重を測定して記録する

体重は毎日測定して、記録をしておきましょう。

そうすることで、どのくらいのペースで減量できているのか分かります。

また、停滞期がきた時も、それを見ることによって減量が順調にできていることを自覚でき、やる気も出てきます。

乗り越える自信にもつながりますね。

ダイエットは続けることが成功の鍵です。

停滞期がきてもそれは減量ができている証拠と受け止め、そのまま同じようにダイエットを続けましょう。

 

リバウンドしない方法

ダイエットが成功した後に注意するのがリバウンドです。

リバウンドしないためには、ダイエット後の食事も大事です。

カロリーを抑えた食事をしていた場合、元の食事に戻したらリバウンドしてしまったという話はよく聞きます。

ダイエット後の食事は、段階的に元の食事に戻すことです。

ダイエット後の食事についてはこちらの記事で説明しています。

関連記事

ダイエット後に食事を元に戻すと、リバウンドしてしまったということはよく聞きます。でも、なぜ通常の食事でもダイエット後はリバウンドしてしまうのでしょう。 ここでは、ダイエット終了後、リバウンドしない食事の戻し方を紹介しています。体重を安[…]

 

まとめ

ダイエットを始める前に目標体重を設定し、1ヶ月に落とす体重を決めますが、自分に合わないようだったら変えることも大事です。1ヶ月3キロを2キロに変更するなど。

自分ん合ったペースに変更しましょう。そうすることで、ダイエットを成功させることができます。