冷え性に効く飲み物は!体の芯から温めて冷えを改善

年中、冷え性で体がむくみやすい、眠れない、疲れやすいなどの症状で悩んでいませんか。

冷え性に効く、体の芯から温めて冷えを改善する飲み物を紹介します。

身体が温まる飲み物でポカポカ、冬でも、何枚も服を重ね着しないでも過ごせるような体つくりをしましょう。

冷え性に効く飲み物

冷え性で、手先、足先が冷たく、夜も靴下が手放せない人がいます。

冷え性だと、様々な病気を引き起こす可能性もあります。

たるみや下半身太り、疲労、腰痛、肩凝り、頭痛、貧血、関節リウマチなど。

内側から冷えを改善することは、病気の予防にもなります。

冷え性に効く飲み物を厳選しましたので、あなたに合った飲み物で改善しましょう。

紅茶

紅茶は緑茶に使われている葉と同じものですが、発酵させてあります。

この「発酵」がキーワードになります。

発酵させることで赤色に変化し、酵素が生まれます。

酵素が活発だと代謝がよくなり、体温が維持されます。

紅茶には、体を温める効果があるんです。

さらに、紅茶には豊富に含まれたカテキンには、殺菌・抗毒作用や活性酸素の除去作用があります。

病気の予防に、効果を発揮してくれます。

紅茶に含まれるカフェインには、覚醒作用、利尿作用があり、ストレス解消に役立ちます。

生姜紅茶、生姜湯

ショウガに含まれているジンゲロンと、ショウガオールは、血行を促進する作用があります。

身体を温めるだけでなく、様々な効果をもたらしてくれます。

ショウガオールとジンゲロンは、生姜を加熱したり、乾燥させたりすることでできます。

白湯や紅茶に入れて飲むときは、温度が100度位だとショウガオールが多くなり、あまり摂取できません。

低い温度だとジンゲロールが多くなりショウガオールやジンゲロンが、あまり摂取できなくなります。

生姜紅茶や生姜湯で飲むときは、80度位で飲みましょう。

生姜紅茶には、好みでハチミツを入れる美味しいですよ。

日本酒

日本酒は、お米が原料のお酒です。

酵母によってアルコール発酵、醸造して作られています。

アミノ酸やビタミン、ミネラルが豊富に含まれていて、間性の米を発酵させた日本酒は、体を温める陽性です。

健康に良いとされる飲み物ですが、くれぐれも飲みすぎには注意しましょう。

赤ワイン

赤ワインには、ポリフェノールが豊富に含まれています。

ぶどうの果汁を発酵させて作られている赤ワインは、陽性の飲み物。

体を温めてくれます。

また、生理痛の改善や、貧血の予防の効果もあり、赤ワインのポリフェノールには、血行促進、血圧を下げる作用もあります。

ココア

ココアにはビタミン類やミネラル類が豊富に含まれていて、様々な効能があります。

便秘解消やむくみ改善、ダイエット、疲労回復、高血圧予防など。

体を温めてくれるだけでなく、ココアポリフェノールが癌や生活習慣病も予防もしてくれます。

プーアル茶

プーアル茶は、微生物による発酵を受けた後発酵茶です。

発酵度が高く、体を温めてくれる働きがあります。

脂肪燃焼とむくみを解消し、ダイエットにもよいとされています。

プーアル茶は生茶と熟茶があり、冷え性の方、ダイエットをしたい方は熟茶飲むとよいです。

黒豆茶

黒豆の種皮には、アントシアニン、プロアントシアニンなどのポリフェノール類が豊富に含まれています。

黒豆は、昔から美容と健康によいとされてきました。

ポリフェノールは、優れた抗酸化作用をもち、血流の流れを良くします。

黒豆に含まれるビタミンEは、血管を拡げて血流をよくするとされています。

血の巡りをよくし、血管を強化することは、冷え対策にも繋がります。

ひどい冷え性に悩んでいるか人には、黒豆生姜ココアをがおすすめです。

ゴボウ茶

ゴボウ茶には、イヌリン、サポニンが含まれていまs。

イヌリンは水溶性の食物繊維で、腸内環境を整えて「便秘解消」を促進します。

また、余分な水分を吸収し、むくみ改善の働きもあります。

サポニンには、毛細血管を広げて、血流を促進する効果。

血流が良くなることで身体が温まりやすくなり、冷え性改善にも繋がります。

まとめ

発酵した飲み物には、冷え性を改善する働きがあります。

冷え性に効く温める飲み物で、体の芯から温めましょう。

冷え性が改善されると、それに伴うむくみや肩こり、不眠、頭痛、疲労などもよくなります。