40代50代男性の中年太りは男性更年期にあった!改善方法を紹介

男性にも、更年期障害があります。

40代、50代の男性で、急に太ってなかなか痩せないという人は、男性更年期かもしれません。男性更年期障害は、40代から発症することが多いです。

中年太りは50代の男性が多いですが、原因はそこにあるのかもしれません。ここでは、男性更年期障害とはどういうもので、その改善方法を紹介しています。

 

 

目次

1.男性更年期とは
2.男性更年期障害とは
3.男性更年期が多い年代
4.テストステロンの分泌低下による症状
5.男性更年期障害の症状
6.中年太りは男性更年期にあった!
7.中年太りの男性は身体の症状をチェック!
8.男性更年期障害の改善方法
9.まとめ

a

男性更年期とは

女性に更年期があると同じように、男性にも更年期があります。

女性の場合、更年期とは閉経前後の10年間のことを指します。

一般的には、45~55歳位の時期が更年期にあたります。

男性の場合は、40歳くらいから男性ホルモンが急激に減少します。

男性ホルモンの減少する時期や期間には個人差がありますが、40歳以降が多いです。

 

男性更年期障害とは

女性の場合は女性ホルモン(エストロゲン)が急激に減少して、更年期障害を発症します。

男性の場合は、男性ホルモン(テストステロン)が急激に減少することで、男性更年期障害を発症します。

40歳くらいから発症することが多いですが、中には30代で発症する人もいます。

逆に、60代になってから発症する人もいます。

女性の更年期障害の主な原因は、「閉経」という大きな身体の変化です。

その上に、仕事や家庭環境なども複雑に関与しています。

男性の更年期障害は、男性ホルモンの減少によるものだけではなく、ストレスや環境の変化など、さまざまな要因がより大きく関わっているので、なかなか終わりがこないという特徴があります。

 

男性更年期が多い年代

男性更年期障害は、40歳以降に発症する事が多いです。

しかし、60代、70代で発症する場合もあります。

また、早い人では30代で発症することもあります。

男性ホルモン(テストステロン)の分泌は、加齢より「生活習慣」や「社会的な活動」が深く関係しているそうです。

仕事を退職した、定年後の男性が更年期障害になるケースも多くあるそうです。

定年後になると社会との関わりが減少し、生活が乱れることによりテストステロンが減少するのです。

a

 

テストステロンの分泌低下による症状

男性ホルモン(テストステロン)の分泌が減少すると、体や心にさまざまな症状が現れます。

過度な疲労感や倦怠感、男性機能の低下、不眠、肩こり、うつ、いらいらなどの症状がでます。

中性脂肪やコレステロールの代謝が低下し、内臓脂肪や皮下脂肪が増えやすくなります。

テストステロンは筋肉の量と強度を保つ働きがあるので、筋肉量の減少を生じます。

 

男性更年期障害の症状

男性の更年期障害は、心と体にさまざまな症状が現れます。

身体症状には、筋力低下、筋肉痛、疲労感、頭痛、めまい、発汗、男性機能の低下などの症状があります。

精神症状には、不安、イライラ、うつ、不眠、集中力・判断力の低下などの症状があります。

 

中年太りは男性更年期にあった!

男性の中には、男性に更年期があるという事を知らない人もいます。

40代を過ぎてから急に太って、原因が全く分からないという人は、「男性更年期」を疑ってみましょう。

男性更年期になると、肌肉量が落ちて基礎代謝が低下します。

中性脂肪の代謝が低下し、内臓脂肪や皮下脂肪が増えやすく、太りやすくなるのです。

また、不眠になると成長ホルモンが減少します。

成長ホルモンは脂肪を分解したり、血中のコレステロールを低下させる働きがあるので、減少すると中性脂肪が増えやすくなります。

睡眠不足が続くと、食欲の抑制ホルモンの分泌が抑制され、食欲の増進ホルモンの分泌が増加します。

慢性的に睡眠不足になると、食欲旺盛になり太りやすくなります。

 

睡眠時間については、こちらのサイトで詳しく説明しています。

 ダイエットに効果のある睡眠時間は何時間?睡眠不足は太る?

a

関連記事

睡眠不足になると太るという事を聞いたことはありませんか。これは、本当のことでしょうか?ダイエットをされている方は、気になることですね。 そこで、ダイエットに効果のある睡眠時間は何時間なのか、まとめてみました。ダイエットと睡眠時間は深い[…]

 

中年太りの男性は身体の症状をチェック!

なかなか痩せないという中年太りの男性は、男性更年期障害の症状が出ていないかチェックしましょう。

身体が疲れやすい、夜眠れない、イライラする、集中力がなくなった、気が滅入る、体力が落ちた、運動能力が低下した・・・

このような症状がある人は、医療機関での受診をおすすめします。

また、ダイエットをして痩せないし、その原因が全く分からないという人もいます。

 

原因不明で痩せない時の対処法・対応策は、こちらのサイトで詳しく説明しています。原因不明の肥満についても説明しています。

 ダイエットで全く原因がないのに痩せない時の対処法・対応策!

 

関連記事

ダイエットをしていると、原因不明の痩せない現象に悩まされることがあります。 食事制限、運動をしているのに全く痩せない、何をやってもダメという人はいます。 ダイエットで痩せない原因が全く分からない時の対処方法、対応策を紹介していま[…]

a

 

男性更年期障害の改善方法

男性の更年期障害の改善方法は、テストステロンを増やすことです。

食生活や生活習慣を改善することで、テストテロンの分泌量を増やすことができます。

食生活が乱れていると、テストステロンを作る機能が低下するそうです。

栄養バランスのよい食事を摂り、適度な運動しましょう。

運動は、有酸素運動と筋トレの組み合わせが効果的です。

 

有酸素運動と筋トレのやり方については、下のサイトで詳しく紹介しています。

 有酸素運動と筋トレでダイエット!過度の食事制限や運動なしで効果的に痩せる

 

関連記事

ダイエットには、様々な方法があります。極度の運動をする人もいますが、やりすぎは逆効果になることもあります。 筋トレだけ、有酸素運動だけ行う人もいますが、ダイエットには2つを組み合わせが効果的です。有酸素運動と筋トレをライフスタイルに取[…]

 

朝のウォーキングは、体内時計のリセットに効果があるそうです。

十分な睡眠をとり、規則正しい生活をしましょう。

また、ストレスによりテストステロンの分泌は低下すると考えられているので、ストレスを溜めないことも大事です。

趣味を楽しみ、日々、充実感をもって仕事に取り組んでいる男性は、更年期障害を発症しにくいそうです。

 

 

ウォーキングのやり方は、下のサイトで詳しく紹介しています。

 ダイエットに効果的なウォーキングのやり方!速度や歩き方や歩数など

 

関連記事

ダイエットに効果的といわれる有酸素運動で、代表的なのがウォーキングです。でも、歩く速度、歩き方、歩数はというと悩んでしまします。 そこで、ダイエットに効果的なウォーキングの歩き方、歩く速度、歩数、歩く時間帯などをまとめてみました。 […]

a

 

まとめ

男性更年期障害は、30代の若い方でも発症することがあります。

最近、太りやすくなった、ダイエットしても痩せないという人は「男性更年期」かもしれません。