40代女性がダイエットで痩せない原因!半年で10キロ痩せる(体験談)

中年太りという言葉を聞きますが、年齢が加算するにつれて太りやすく、痩せにくくなってきます。若い頃はすぐ痩せたのに、40代になってからなかなか痩せなくなったということもよく聞きます。

40代からのダイエットで痩せないのには、原因があります。年齢に合わせたダイエット方法を取れば、痩せられます。

ここでは、40代女性がダイエットで痩せない原因と、半年で10キロ痩せた体験談を紹介しています。痩せないと悩んでいる方は、ぜひ参考にして下さい。

 

 

目次

痩せない原因
1.40代女性が痩せない原因
1-1.代謝の衰え
1-2.女性ホルモンの乱れ
1-3.冷え性
1-4.便秘

成功体験談
1.40代女性!半年で10キロ痩せたダイエット成功体験談

食生活の改善
1.1日の摂取カロリーを決める
1-1.栄養バランスの良い食事
1-2.食べる順番でダイエット効果をアップ!
1-3.ダイエットに効果的な食べ方
1-4.塩分の取り過ぎはダイエットの敵!
1-5.低カロリー食品を食事に取り入れる
1-6.低GI食品を食事に取り入れる
2.夕食は夜8時まで!

3.ダイエット期間中の間食は?
3-1.おやつの正しい選び方と食べる量
3-2.おやつを食べても太らない時間帯がある!

運動
1.ダイエットに効果的な運動
1-1.脚痩せ、ウエスト痩せなどの部分痩せは運動で可能?
2.毎日、運動するとダイエットには逆効果!

生活習慣の改善
1.長時間の睡眠時間は太る!
2.全身浴には痩せる効果がある!

停滞期
1.停滞期の上手な乗り越え方

まとめ

a

痩せない原因

40代を過ぎてから、痩せににくく太りやすくなるのはなぜでしょう。痩せるには、身体のメカニズムを知って、それに合わせたダイエットをする必要があります。

 

a

40代の女性が痩せない原因

 

年齢を重ねるごとに痩せにくくなってきますが、特に40代を境目に痩せなくなってきます。

40代になるとホルモンバランスが乱れたり代謝が悪くなったり、身体にさまざまな症状が現れてきます。

体質の変化により、痩せにくい体質になってしまうのです。

 

代謝の衰え

 

若い頃に比べて代謝が悪くなり、痩せにくくなってしまいます。

私たちの身体は何もしないでも、体を維持していくためにエネルギーの消費をしています。

体温を維持したり呼吸をしてたり、これらの活動で消費されるエネルギー量が基礎代謝量です。

基礎代謝は18代をピークにだんだんと落ちてきて、40代に差し掛かったあたりから急激に落ちていきます。

 

40代になってから痩せなくなったのには、基礎代謝の低下にあります。

 

また、基礎代謝は筋肉量とも密接な関係があります。

 

女性ホルモンの乱れ

 

女性ホルモンは30歳前後をピークに徐々に分泌量が低下し、40代以降はホルモンの分泌量が減ることで、体に様々な症状が現れてきます。

疲れやすくなったり、肩こり、頭痛、腰痛、イライラ、無気力の他、コレステロールや血糖値が高くなったりします。

 

女性ホルモンのバランスが乱れることで、生活習慣病の原因となる内臓脂肪がたまりやすくなります。

a

冷え性

 

冷え性は血行が悪くなって温かい血液が毛細血管まで流れず、手や足先が冷えてしまうことです。

 

体温が1度下がると、基礎代謝は約12%落ちてしまうと言われています。

 

温野菜など体を温める食べ物を取ったり、運動をして筋肉量を増やしたり、お風呂に体まで使ったりして体温を上げましょう。

冷えたお水はNGです。

お水は常温で飲みましょう。

 

便秘

 

便秘になると体に老廃物を溜め込みやすくなり、をの結果むくみになりやすくなります。

その結果、「むくみ太り」となってしまうこともあります。

食物繊維が豊富な野菜や、腸内環境を整える納豆、みそなどの発酵食品、ヨーグルトなどを取ったりして便秘を改善しましょう。

 

a

成功体験談

ダイエットを始めてから半年で10キロの減量に成功した、40代女性の体験談です。

 

40代女性!半年で10キロ痩せたダイエット成功体験談

 

知人に半年で10キロ痩せた方がいます。

40代半ば過ぎの女性の方です。

そのダイエット成功体験談を、まとめてみました。

 

1ヶ月目
ダイエットを始まる前に行ったのが、体重測定です。性別、年齢、身長、体重、身体活動レベルによってダイエットの1日の総カロリーを決めました。
私は1日1,400kcalに設定。朝昼夜の食事量は1:1:1均等に、夕食は夜8時までに摂るようにしました。
間食はせず、どうしても甘いものが食べたい時は、低カロリーで太りにくおやつを食べてました。
特に筋トレや運動はしませんでしたが、できるだけ体を細目に動かすようにしました。

この設定で1ヶ月間ダイエットを行ったところ、1ヶ月で、なんと3キロのダイエットに成功しました。

 

2ヶ月目
1ヶ月で3キロも痩せたので、2ヶ月目もこの調子で痩せるだろうと思っていたら、急に痩せなくなりました。
どうやら、停滞期に入ったらしいです。
この時が一番苦しかったですが、ここでやめるとダイエット失敗!目標の半年で10キロまで頑張ることにしました。これまで通りダイエットを続けていると、3週間目くらい頃から、体重がまた落ち始めました。私の場合、停滞期が20日間も続きました。

結局、2ヶ月目に落ちた体重は0.5キロくらいでした。

 

3ヶ月目
3ケ月目に入りましたが、最初の頃よりも体重減少は緩やかでした。しかも、体重が上がり下がりして、変動が目立ちました。
3ケ月目になるとダイエットに少し疲れてきて、食べ過ぎてしまうことがあったのが原因!

体重は約0.5キロしか落ちませんでした。

 

4ヶ月目
4か月目に入り、気を引き締めてダイエットに取り組みました。食事には、低カロリー食品を多く取り入れて、食事の量を多くして食べ過ぎを防止!また、低GI食品などを積極的に摂るようにしました。
カロリー計算もきちんとして、ダイエットの記録をつけるようにしました。

4か月目は、2キロ体重が落ちました。

 

5ヶ月目
ダイエットも5ヶ月目に入り、お腹周りがスッキリなってきました。
食事は最初、野菜からとるようにしました。朝食に食物繊維の多い野菜を摂ると、血糖値が上がりにくくなり、昼食も血糖値が上がりにくくなるらしいです。お風呂も、今までより長風呂にしました。お風呂もダイエットにいいらしいです。

5ヶ月目は2キロ減に成功!

 

6ヶ月目
6ヶ月目に入り、ラストスパートです。食事は、最初に設定したカロリーをオーバーしないように気を付けました。記録も毎日とり、1週間体重が減らない時もありましたが、気にしないことにしてダイエットを続けました。
6ヶ月目、ダイエット終了した翌朝、起床後、すぐ体重計にのってみました。2キロ落ちていました。

半年で10キロのダイエットに成功しました!

 

40代になると身体に変化が出てきて、体型にも表れてきます。

 

お腹がポッコリ出たり、太り始めるのも40を超えたあたりからです。

慌ててダイエットしてもなかなか痩せなかったり、痩せてもリバウンドしたり!

中にはどうしても痩せない、その原因すら分からないという人もいます。

極度の食事制限をして、身体を壊したりする人もいます。

 

高いサプリメントやダイエット食品を購入して、何十万、中には100万以上も使って、全く痩せなかったという人もいます。

 

何やっても痩せない方は、ダイエットのプロに相談するのも確実に痩せる1つの手です。

痩身エステやダイエットジムは、痩せるためのマシンや器具が揃い、スタッフも高い技術を持っています。

 

本気で絶対に痩せたい、痩せた後もリバウンドしたくないという方には、痩身エステやダイエットジムをおすすめします。

人気が高くて評判の痩身エステはこちらのサイトで紹介しています。体験エステなので、料金が安く安心して申し込みできます。

女性でも安心して通える人気のダイエットジムはこちらのサイトで紹介しています。無料カウンセリング、無料体験があるので気軽にお申し込みできます。

a
正しい食生活を習慣づけることは、ダイエットの基本です。食生活を改善して、ダイエットを成功させましょう。
1日の摂取カロリーを決める

 

肥満の原因第1位は、カロリーオーバーです。

消費カロリーよりも摂取カロリーが上回っていれば誰でも太ります。

1日の総カロリーを設定して、食のコントロールをしましょう。

1日に必要なエネルギー量は活動量の少ない成人女性は、約1,400~2,000kcalと言われています。

 

≪身体レベル別30~49歳の女性の推定エネルギー必要量≫

身体活動レベル指数(低い):1,700kcal

身体活動レベル指数(普通):2,000kcal

身体活動レベル指数(高い):2,300kcal

 

必要推定エネルギー量は、基礎代謝量と身体活動レベル指数から計算できます。

 

≪必要推定エネルギー量の計算方法≫

基礎代謝量(kcal/日)=基礎代謝基準値(kcal/kg体重/日) × 参照体重(kg)

必要推定エネルギー量(kcal/日)=基礎代謝量×身体活動レベル指数

厚生労働省の「加齢とエネルギー代謝」を参照

 

しかし、1日のエネルギー必要量は、性別、年齢、身長、体重、身体活動レベルによって計算され、一人一人異なってきます。

ダイエット期間中の1日の摂取カロリーは、自分に適切なカロリーを設定しましょう。

消費カロリーを下回るように設定するのが基本です。

 

栄養バランスの良い食事

 

栄養バランスが悪いと、ダイエットに必要な栄養が不足して、ダイエットの効果も下げてしまいます。

ビタミンB1は糖質の代謝、ビタミンB2は脂肪の代謝、ビタミンB6たんぱく質の代謝を助ける働きがあります。

カリウムは塩分を体から排出してむくみを予防、改善します。

炭水化物抜きダイエットや脂質制限ダイエットなどは、痩せてもリバウンドする可能性が高いです。

偏った食事を続けると栄養不足になり、基礎代謝が低下してしまいます。

 

食べる順番でダイエット効果をアップ!

 

食事は、一番最初に野菜類から、次に副食、最後に主食を食べます。

 

食事の最初に野菜類から食べることで、空腹が抑えられて、ご飯の食べ過ぎを防ぎます。

また、食物繊維の多い野菜類を食べることで、血糖値の上昇を緩やかにし、余った糖を中性脂肪に変えるインスリンの過剰分泌を防げます。

 

特に、朝食に野菜などの食物繊維の多い食品を摂ると、昼食後も血糖値が上がるのを抑える効果があるそうです。

 

これはセカンドミール効果といって朝食が次の食後の血糖値を抑える効果があるという理論です。

 

毎食、野菜サラダを食べてダイエットの効果を上げましょう。

インスリンについては「低GI食品を食事に摂り入れる」「2.夕食は夜8時まで!」の項目で、詳しく説明します。

 

ダイエットに効果的な食べ方

 

「早食いは太る」これは本当です。

食事はよく噛んで、時間をかけて食べましょう。

よく噛むことで、満腹中枢が刺激されて空腹が抑えられます。

時間をかけて食べることで、空腹感を満たし食べ過ぎを防ぎます。

 

塩分の取り過ぎはダイエットの敵!

塩分を取り過ぎると体に水を溜め込んで、むくみやすくなります。

その結果、むくみ太りに!

 

■ 世界保健機関(WHO)が推奨する、成人の塩分摂取量の目安は1日5グラム未満

■ 厚生労働省が推奨している最新(2020年版)の、成人の塩分摂取量の目安は男性7.5g未満、女性6.5g未満

 

ダイエット中の塩分は6g以下にしましょう。

 

低カロリー食品を食事に取り入れる

 

今まで、たくさん食べていた人は、極度の食事制限をしていなくても、カロリーを設定した食事は寂しく感じられます。

低カロリー食品を使用して、品数を増やし、食事を豪華にしましょう。

 

≪低カロリー食品≫

こんにゃく
海藻類
きのこ類

 

こんにゃくは腹持ちが良く、100 g あたり6.9 kcalとカロリーも低いので、ダイエットではよく使用される食品です。

ワカメのスープ、ひじきの炒め物、昆布の煮、キノコのソテーなど、いろんな低カロリー料理を作りましょう。

 

ただし、炒め物にはできるだけ油を使用しないことをおすすめします。

 

テプロン加工のフライパンを使用するか、または、油の代わりに水を引いて煮炒めすることもできます。

 

低GI食品を食事に取り入れる
低GI食品というのをは聞いたことがあるでしょうか。

血糖値を上げにくい食品の事を、低GI食品と言います。

 

GIとは、Glycemic Index(グリセミック・インデックス)の略称です。

ダイエットと血糖値は深く関係しています。

食べたものが体に吸収されると血糖値は上がり、糖を中性脂肪に変えるインスリンが分泌されます。

その結果、太ってしまうのです。

 

低GI食品を摂ると、食後の血糖値を緩やかにすることができます

 

≪低GI値食品≫

玄米
納豆
そば

 

低GI食品にはその他に、海藻類、きのこ類、タマネギ、オクラ、アロエ、五穀米、シークァーサーなども…

 

血糖値を上げない食べ物や、血糖値を上げない食べ方については、こちらのサイトで詳しく説明しています。

血糖値を上げない食べ物、食べ方!ダイエット効果をアップできる

 

a

夕食は夜8時まで!

 

夜遅く食事をとると、脂肪を体内に溜め込みやすくなります。

 

BMAL1BMAL1(ビーマルワン)
「夜中に食べると太る」というメカニズムは、BMAL1BMAL1(ビーマルワン)」というタンパク質が関係しています。

BMAL1(ビーマルワン)」というタンパク質は脂肪をためこむ働きがあり、1日のうちで22時~午前2時頃にビーマルワンの量がもっとも多くなるそうです。

 

自律神経
自律神経も肥満と関係しています。
自律神経には交感神経と副交感神経があり、副交感神経は寝ている間に活発になります。

副交感神経が働くと体は「お休みモード」に切り替わり、脂肪をためこもうとします。

夜食べ過ぎると、脂肪をため込んで太りやすくなります。

 

インスリン
副交感神経は、夕方から寝ている間の時間帯に盛んになります。
ブドウ糖を中性脂肪に変える働きのあるインスリンは、自律神経の副交感神経が盛んに働いている時間帯に多く分泌されるのです。
夕食時、それ以降の睡眠までの時間に糖質や脂質などのエネルギーを多くとると、使い切れなかった糖をインスリンが中性脂肪に変えます。

 

夕食は夜8時までに取って、夕食後から就寝までは3時間空けるようにしましょう。

 

太りいく夕食の時間帯は、こちらのサイトで詳しく説明しています。興味のある方はどうぞ。

 ダイエット中の夜ご飯の時間帯は何時まで!朝と昼は何時が最適

a

ダイエット期間中の間食は?

 

ダイエット中は、基本的に間食は摂らないようにしましょう。

空腹の時は、水を飲んだり、ノンカロリーガムを噛んだりして空腹を抑えましょう。

水でダイエット効果を上げたい人は、ダイエットで注目されているシリカ水がおすすめです。

 

シリカ水には、高いデトックス効果があり、新陳代謝を高めたり、便秘解消など、ダイエット効果があるのです。

 

人気の高いシリカ水は、こちらのサイトで詳しく紹介しています。

 水ダイエットにおすすめのシリカ水を厳選!飲むだけで痩せたと評判

a

おやつの正しい選び方と食べる量

 

空腹を抑えられない、どうしても甘いものが食べたい、飲みたいという時がありますね。

そんな時は、カロリーの低い太らないおやつを食べましょう。

ただし、カロリー計算して、食べる量に気を付けましょう。

 

≪低カロリーのおやつ≫

・トマト
・ところてん
・ダイエットスムージー

ダイエットスムージについてはこちらのサイトで紹介しています→1杯17キロカロリーのダイエットスムージー

 

 

その他にも、ダイエットの間食で食べていいおやつがあります。下のサイトで詳しく紹介しているので参考して下さい。

 ダイエットでお腹空いたら食べていいおやつ11選!空腹を抑えて痩せる

a

おやつを食べても太らない時間帯がある!

 

「3時のおやつ」というのは、よく聞きますね。

実は、この時間帯は、食べても太らない時間なのです。

 

BMAL1(ビーマルワン)は午後2~3時が最も少なく、22時~午前2時に最も多くなります。

 

おやつを食べるなら午後2~3時です

 

運動

適度な運動は、健康にもダイエットにも良いです。日頃から運動不足を感じている人は、体の負担にならない程度の運動をおすすめします。

 

ダイエットに効果的な運動

 

運動不足になると、代謝が下がり痩せにくい体質になってしまします。

活動量の多い人は、特に運動する必要ないです。

しかし、活動量の低い人は、適度な運動はダイエットに必要です。

 

特に、朝のウォーキングはダイエットに効果的といわれています。

 

脚痩せ、ウエスト痩せなどの部分痩せは運動で可能?

 

ウォーキングをしても、ストレッチや筋トレをしても、なかなか脚が細くならない、くびれができないと悩んでいる人もいます。

ダイエットしている女性の多くは、ただ痩せるだけでなく、すらりとした、メリハリのある美しいボディを目指しています。

 

≪女性が痩せたい体パーツ≫

1位 ウエスト

2位 足

3位 二の腕

 

お腹周りについた内臓脂肪は痩せやすいのですが、皮下脂肪は痩せにくいのです。

また、脚痩せはそれ以上に難しいです。

 

脚痩せしたいと思ってウォーキングをしている人もいますが、ウォーキングで足を痩せることはできません。

 

マッサージなどが脚痩せには有効ですが、根気が入り時間もかかります。

着圧レギンス、加圧レギンスも足痩せには効果的です。

むくみ解消、冷え性改善、脂肪燃焼などの効果もあります。

 

履き続けることで、細くすることも可能です。

 

履くだけで、足首、太もも、ウエストをスリムアップしてくれる着圧レギンスは、下のサイトで紹介しています。

 履くだけで足痩せする人気おすすめダイエットレギンス9選!

 

 

また、ウエストを細くするダイエットインナーもあります。

 

履き続けることで、ウエストを細く、くびれを作るのも可能です。

 

履いた瞬間にウエストを細く、くびれを手に入れられるダイエットインナー・下着は下のサイトで紹介しています。

 ウェストを細くする人気おすすめダイエットインナー・ショーツ!

a

毎日、運動するとダイエットには逆効果!

 

運動を毎日すると、やっただけ痩せると思っていませんか。

実は、それはダイエットには逆効果なのです。

 

1日1回、週に2~3日がダイエットには効果的!

 

特に、朝食後のウォーキングはダイエットに良いといわれています。

 

ダイエットに効果的な運動の頻度は、下のサイトで詳しく説明しています。

 ダイエットに効果的な有酸素運動の頻度は?毎日やると逆効果なのはなぜ

a

生活習慣の改善

生活習慣の乱れは痩せにくい体質を作ってしまいます。規則正しい生活をして、ダイエットの効果をアップさせましょう。

 

長時間の睡眠時間は太る!

 

睡眠時間は長すぎても少なすぎても、太りやすいです。

 

このことは、複数の研究結果で報告されています。

睡眠不足になると、エネルギー消費が落ちるので太りやすくなります。

また、食欲増進ホルモンの分泌が増えるので、つい食べ過ぎてしまうこともあります。

8時間以上寝ると睡眠の質が悪くなったり、体内時計を狂わせたりします。

成長ホルモンの分泌が乱れたりして、エネルギーが上手く消費されなくなり、肥満の要因になると考えられます。

 

ダイエットには、適切な睡眠時間が大事なのです。

 

6~8時間が、最も太りにくい睡眠時間だそうです。

 

ダイエットに最適な睡眠時間については、こちらのサイトで詳しく説明しているので参照してください

 ダイエットに効果のある睡眠時間は何時間!睡眠不足は太る

a

全身浴には痩せる効果がある!

 

入浴法には、全身浴と半身浴がありますが、ダイエットには断然、全身浴がおすすめ!

 

全身浴では、約200kcal以上消費することも可能なんです。

 

個人差はありますが、お風呂ダイエットや温冷交代浴で、1週間で効果が表れた人もいます。

 

お風呂ダイエットに興味のある方は、こちらのサイトでやり方を紹介しています。

 お風呂ダイエットの方法!何度が適温で時間は何分入ると効果的

a

停滞期

ダイエットで厄介なのが停滞期です。停滞期でダイエットを失敗する人もいるので、正しい知識で対処しましょう。

 

停滞期の上手な乗り越え方

 

ダイエット期間中に訪れるのが、停滞期です。

 

停滞期とは、ある時を境に体重が落ちなくなってしまう現象です

 

停滞期は個人差がありますが、ダイエットを始めてから、約1か月前後に訪れることが多いです。

 

また、1回ではなく、2回、3回と訪れる人もいます。

 

これに苦しんで、ダイエットに失敗する人もいます。

停滞期には、人間の体に備わっている、「ホメオスタシス機能」が関わっています。

 

誰にでも訪れるものとして、今まで通りにダイエットを続けてここを乗り越えていきましょう。

 

そうすると、また体重が落ちて痩せていきます。

 

「ホメオスタシス機能」の原理や、停滞期を短く最小限にするにはどうしたらよいかは、こちらのサイトで詳しく説明しています。

 ダイエットの停滞期とは?原理や起こさない(最小限にする)方法を説明

a

まとめ

 

40代になると代謝が低下し、若い頃と同じようにダイエットしていてもなかなか痩せません。

ダイエットしても痩せないのには、原因があります。原因を追及して改善!諦めないことが成功の鍵となります。