更年期になると太るのはなぜ?太る理由と対策を解説

更年期になると太りやすくなると言います。

なぜ更年期になると太るのでしょう。それには加齢も関係してきます。

更年期になると太るのはなぜなのか、太る理由と対策を説明していきます。そもそも更年期とは何なのか?更年期障害やその症状もまとめてみました。

 

 

更年期とは

更年期とは、閉経前の5年間と閉経後の5年間とを併せた10年間のことを指します。

個人差はありますが、50歳前後の年齢で閉経を迎える人が多いです。

早い人では40歳台前半から閉経を迎えます。

一般的には、45~55歳くらいの時期が更年期にあたります。

 

更年期障害とは

更年期になると、さまざまな症状が現れます。

症状は幅広く個人差があり、症状が重い人もいれば、軽い人もいます。

症状が重く、日常生活に支障が出る人は更年期障害です。

 

更年期障害の主な原因

更年期障害の主な原因は、年齢を重ねるごとに卵巣機能が低下し、女性ホルモン(エストロゲン)が急激に減少することでホルモンバランスが乱れることです。

その上、仕事や家庭環境なども複雑に関与するため、更年期障害の現れ方は個人差があります。

 

 

更年期障害の症状

更年期障害の症状は主に、大きく3つに分類されます。

 

精神的症状

血管運動神経系の症状

その他のさまざまな症状

 

精神的症状

イライラ、うつ、情緒不安定(不安感)、不眠

 

血管の拡張に関する症状

ほてり、のぼせ、発汗

 

その他のさまざまな症状

動悸、めまい、頭痛、肩こり、腰痛、関節痛、冷えなど

 

更年期になると太る理由

40代、50代になり更年期を迎えると、個人差はありますが、一般的に太りやすくなると言われています。

更年期になると、太る様々な要因がありますが、大きく2つの原因が考えられます。

 

女性ホルモンの減少

女性ホルモンのエストロゲンは脂肪の代謝を促進し、コレステロールを調節してくれます。

閉経してエストロゲンが減少すると脂肪の代謝が悪くなり、内臓脂肪が溜まりやすくなります。

また、閉経後の女性は血中のLDL(悪玉)コレステロール、中性脂肪が増加し、HDL(善玉)コレステロールは減少し、内蔵型肥満になりやすいといわれています。

 

基礎代謝の低下

一般的に、更年期を迎えると太りやすくなると言われています。

加齢伴い、基礎代謝量が下がってしまいます。

基礎代謝量とは、 何もせずじっとしている時でも、生命維持のために消費される必要最小限のエネルギーのことです。

女性の基礎代謝量ピークは、12〜14歳で、加齢とともに徐々に減少します。

基礎代謝量が下がっていく一方で、食べる量は以前と変わらないと、エネルギー過多になり更年期太りになるのです。

 

 

更年期障害で太りにくくする対策

更年期障害で太る原因に対しての対策には、通常のダイエットと同じで食事と運動が基本となります。

 

更年期の食事

40代、50代になり更年期を迎えた女性は、基礎代謝が低下しています。

今まで通りの食生活を送っていると太ってしまいます。

カロリーを抑えて、栄養バランスのよい食事を心がけましょう。

血糖値の急上昇を緩やかにする低GI食品を摂ると、糖を中性脂肪に変えるインスリンの過剰分泌を防ぐことができ、太りにくくできます。

また、大豆食品には、性ホルモンに似た作用をもつといわれる大豆イソフラボンや、エクオールなども含まれているので、豆腐、納豆、豆乳などを食事に取り入れると良いでしょう。

 

更年期に最適な運動

更年期後の運動は、楽しみながら継続していくことが大事です。

40代、50代になるとハードな筋肉トレーニングはおすすめできません。

誰にでも簡単にできる有酸素運がおすすめです。

 

ウォーキング

社交ダンス

ヨガ

ストレッチ

 

うつになりがちな人は、外に出て運動することで気分転換にもなります。

無理なく楽しく続けていきましょう。

 

まとめ

太る原因は更年期の症状でもある、ストレス、うつなどの精神的原因も考えられます。更年期障害で苦しむ女性は多いです。症状が重くなると生活に支障が起き、普通の生活が送れない状態になる人もいます。

更年期で太ると、ダイエットしてもなかなか痩せなかったりします。食生活の改善や、運動を摂り入れて、太りにくく痩せやすい体質に改善しましょう。