ダイエットに効果のある睡眠時間は何時間!睡眠不足は太る

睡眠不足になると太るという事を聞いたことはありませんか。これは、本当のことでしょうか。ダイエットをされている方には気になることですね。

そこで、ダイエットで痩せる効果がある睡眠時間は何時間なのか、調べてまとめてみました。ダイエットと睡眠時間は深い関係ああります。

ダイエットで痩せないという方は、もしかすると睡眠時間が関係しているかもしれません。

 

睡眠不足は太る

寝不足は太るというのは嘘、本当?

「睡眠不足は太る」という事を聞きます。

このことは、本当なのでしょうか。

結論から言うと、本当なのです。

実は、睡眠時間が短すぎても長すぎても、太りやすいという複数の研究結果があります。

また、4時間以下の睡眠の人の肥満率は、平均7~9時間の睡眠の人に比べて73%も高かったという調査結果もあるのです。

5時間以下の睡眠の人でも、肥満率が50%アップ高かったというのです。

 

太りにくい睡眠時間は

ダイエットと睡眠時間は深い関係があります。

最も太りにくいのは、睡眠時間が6~8時間の人だそうです。

しかし、なぜ睡眠不足でも、睡眠時間が長くても太ってしまうのでしょう。

そこのところを探ってみましょう。

 

寝不足が太るメカニズム

睡眠不足で太るのは、ホルモンが関係しています。

睡眠時間が短いと太るのは、食欲増進ホルモンの量が分泌が増加し、逆に食欲抑制ホルモンの分泌が減ります。

食欲増進ホルモンは「グレリン」、食欲抑制ホルモンは「レプチン」といいます。

グレリンは胃から分泌されるホルモンで、空腹になり体のエネルギーが不足がちな時に分泌されます。

食欲中枢が刺激されて、食欲が増します。

レプチンは、食事をしたあとに脂肪細胞から分泌されるホルモンです。

満腹中枢が刺激され、満腹感を感じるようになります。

 

寝不足は基礎代謝を低下させる

寝不足になると、成長ホルモンの分泌もうまくいかなくなります。

そうすると、新陳代謝がうまく行われなくなり、基礎代謝も低下して太りやすい体になってしまいます。

1日に分泌される成長ホルモンの7~8割は、深い眠りの時にでます。

「深い眠り」は、眠り始めの3時間の間に出るので、寝つきが良くてぐっすり眠れる人、良い睡眠をとる人は太りにくいのです。

 

寝不足が続くとストレスに

寝不足になると朝起きても体がだるく、疲れやすいです。

この状態が続くとストレスを感じるようになり、ストレスから過食になることもあります。

規則正しい生活は、太りにくい精神的にするのです。

 

寝る時間までの間に夜食をとってしまう

睡眠不足の人は、当たり前の事ですが寝る時間が遅いです。

そうすると、寝るまでの間にお腹が空いて夜食を摂ってしまうことがあります。

夜食でないにしても、お菓子をつまんだりジュースを飲んだり、空腹を満たす傾向があります。

夜寝る前に食べると太ってしまいます!

それには理由があります。

脂肪をためこむ働きのある、BMAL1(ビーマルワン)」というタンパク質があり、ビーマルワンの量は、1日のうちで22時~午前2時頃にもっとも多くなるそうです。

 

インスリンと睡眠との関係

また、ブドウ糖を中性脂肪に変える働きのあるインスリンは、副交感神経が盛んに働いている時間帯に多く分泌され、副交感神経は、夕方から寝ている間の時間帯に盛んになるのです。

寝る前に食べると、使い切れなかった糖をインスリンが中性脂肪に変え太ってしまうのです。

 

睡眠が長すぎても太る

長時間寝ても太る

睡眠不足になると太りますが、睡眠時間が長くても太ってしまいます。

それは、何故なのでしょう。

睡眠時間が長いと太るメカニズムは分かっていませんが、睡眠時間が長いと睡眠の質が悪くなります。

その結果、生活習慣が乱れて、肥満の原因になるのではといわれています。

生活習慣を整える

疲れた時には、長時間寝ることもありますが、習慣的に長時間寝ていると生活のリズムが崩れてきます。

だらだらと長く寝ていたり、2度寝、3度寝などしたりしていませんか。

就寝時間と起床時間は決めておくとよいでしょう。

生活習慣や食生活を整えることは、ダイエットにもつながります。

 

まとめ

ダイエットに最も効果がある睡眠時間は、7時間を目安にしてよいでしょう。また、質の良い睡眠を取るには、適度な運動も必要です。

お風呂は、就寝の1~2時間くらい前に入ると、眠りにつきやすいとされています。お風呂はカロリーを消耗し、良い睡眠にもつながるので、ダイエットにはおすすめです。