ダイエットの間食に最適なナッツの種類は?1日に食べる量は?

ナッツには、動脈硬化や心筋梗塞を予防、改善する効果があると言われていて、健康によい食品です。

また、ナッツには食物繊維や不飽和脂肪酸を多く含んでいて、間食に食べるとダイエットの効果があると言われています。

しかし、ナッツはカロリーが高いので、食べる量に気をつけなければいけません。そこで、ダイエットに最適なナッツの種類と、1日何グラム食べればよいのか、食べる量をまとめてみました。

 

 

目次

1.ダイエットの間食にナッツが良い理由
1.ナッツはなぜダイエットによい?
2.豊富な栄養素
3.空腹感を抑えられる

2.ダイエットの間食におすすめのナッツの種類
1.アーモンド
2.くるみ
3.カシューナッツ
4.ピスタチオ
5.マカダミアナッツ
6.ピーナッツ

3.ナッツを食べる量
1. 1日に食べるナッツの量は何グラム・何粒?

4.まとめ

a

ダイエットの間食にナッツが良い理由

ナッツにダイエット効果があるとされるのは、ナッツに含まれる栄養素にあります。

また、噛むとしっかりとした歯ごたえも、ダイエットのおやつに最適と言われています。

 

ナッツはなぜダイエットによい?

ナッツというと、脂質が多くカロリーが高いです。

しかし、その栄養価が高さから、美容、健康、ダイエット効果に注目が集まっているのです。

また、栄養価の高さ以外の理由でも、ダイエットに効果があると言われています。

 

豊富な栄養素

ナッツには、ビタミンEなどのビタミン類、食物繊維が豊富に含まれています。

血液をサラサラにする、不飽和脂肪酸のオレイン酸も多く含まれています。

便秘解消、老化防止、生活習慣病の予防にも効果的なのです。

 

空腹感を抑えられる

ナッツは噛みごたえがあるので、間食に食べると空腹感を抑えられます。

また、ナッツはGI値が低いです。

GI値とは食後の血糖値上昇を示す値のことで、低GI食品には血糖値の上昇を緩やかにする効果があります。

食後に摂ると血糖値の上昇を抑制することができ、インスリン過剰分泌を防ぐことができます。

低GI食品を摂ることで、効率よくダイエットができるのです。

 

低GI食品については、こちらのサイトで紹介しています。血糖値の上昇を緩やかすることが、なぜダイエットによいのか分かります。

a
関連記事

血糖値とダイエットには深い関係があります。 血糖値が急上昇すると、余った糖を中性脂肪に変えるインスリンが過剰分泌されて、太りやすくなります。血糖値を上げない食べ物は、ダイエットにも効果的なのです。 ここでは、血糖値を上げない食べ[…]

a

 

ダイエットの間食におすすめのナッツの種類

ナッツには色々な種類があります。

ダイエットの間食に、最適なナッツを紹介します。

 

アーモンド

ダイエットの間食で、一番おすすめなのがアーモンドです。

 

ビタミンE、ビタミンB2、食物繊維が豊富に含まれています。

 

また、アーモンドに含まれるオレイン酸の含有量はゴマの1.8倍、100g中に35gです。

ビタミンEには抗酸化作用があるので、アンチエイジング効果があります。

ビタミンB2は脂肪の燃焼を促進するので、ダイエットに効果的です。

食物繊維が豊富なため、便秘解消にも役立ちます。

 

a

くるみ

くるみは、ナッツの中で健康に良いとされる、オメガ3脂肪酸の一種のαリノレン酸が最も多く含まれています。

αリノレン酸は、人の体内で合成することができない必須脂肪酸です。

コレステロールや中性脂肪の値を下げる効果があります。

高血圧を予防する効果もあります。

 

a

カシューナッツ

カシューナッツはビタミンB1、亜鉛や鉄などのミネラル、オレイン酸も豊富に含んでいます。

ナッツのなかではもっとも糖質が高いので、運動をしたあとのエネルギー補給におすすめです。

糖質が糖質が多いので、食べすぎには注意しましょう。

 

a

ピスタチオ

ピスタチオは「ナッツの女王」と呼ばれるほど、栄養価が高いです。

塩分を排出する作用のあるカリウムが豊富で、むくみ解消、高血圧予防の効果があります。

 

a

マカダミアナッツ

マカダミアナッツは、不飽和脂肪酸であるパルミトレイン酸を、ナッツ類では唯一含んでいます。

パルミトレイン酸には、高血圧や脳卒中予防にも効果があると言われています。

また、ビタミン類やミネラル、カリウム、食物繊維、マグネシウム、鉄、オレイン酸、などの栄養成分が豊富に含まれています。

 

a

ピーナッツ

ピーナッツはナッツではなくマメ科の一種ですが、ダイエットにもよいのでここでも紹介させていただきます。

ピーナッツには不溶性食物繊維が豊富に含まれているので、便秘予防に役立ちます。

ピーナッツに多く含まれるα-トコフェロールは抗酸化作用が強く、アンチエイジングの効果があると言われています。

血糖値の上昇が緩やかな低GI食品なので、太りにくい食材です。

また、ピーナッツに含まれるバリン、ロイシン、イソロイシンなどのアミノ酸には、脂肪燃焼効果があるそうです。

 

a

 

ナッツを食べる量

ナッツは食べ過ぎると、太ってしまいます。

1日に食べる量の目安を説明していきましょう。

 

1日に食べるナッツの量は何グラム・何粒?

ダイエットの間食に、ナッツは1日どれくらいが良いのでしょう。

ナッツは脂質が多くカロリーが高いので、食べ過ぎには注意です。

 

1日に食べる量の目安は、15 ~20gです。

1回に食べる量の目安は、10g程度

 

食べるタイミングと量は、次の通りです。

 

朝食~昼食の間:8~10g程度 1回
昼食~夕食の間:8~10g程度 1回~2回

 

ナッツの1粒の重さ、1粒当たりのエネルギー、25gの目安を、種類ごとに表にしました。

 

ナッツの種類 1粒あたりの重さ(g) 1粒あたりのエネルギー(kcal) 25gの目安
アーモンド 1〜1.2 6〜7 25粒
クルミ 4 27 8粒
カシューナッツ 1.5 9 17粒
ピスタチオ 約0.6g 約3.6 50粒
マカダミアナッツ 2 14 13粒
ピーナッツ 0.6 4 50粒

a

 

まとめ

ナッツはカロリーが高いので、食べ過ぎには注意です。

適量を食べると、ダイエットにも良い影響を与えます。