体の部位で痩せる順番、太る順番は?効率よくダイエットする

体は痩せているのにふとももだけが痩せない、二の腕が痩せないということはありませんか。ダイエットしても体のある部位だけが痩せないのは、痩せる順番があるからです。逆に、太る順番もあります。

効率よくダイエットをする場合、痩せる順番を知るのも大事です。ここでは、ダイエットをするとどの部位から痩せていくのか、痩せる順番、また太る順番を紹介しています。また、痩せる順番は、脂肪の種類によっても違います。

一般的に痩せる順番がありますが、付いている脂肪によって変わってきます。脂肪の違いによる、脂肪の落とし方も説明しています。

 

体の部位で痩せる順番・太る順番

体の部位で痩せていく順番は

体の部位で痩せていく順番は、肝臓から遠い部位から順番に痩せていくそうです。

そのことからすると、個人差がありますが次のような順番になります。

 

1. 手首・足首
2. 腕
3. ふくらはぎ
4. 肩
5. 上腕
6. 太もも
7.
8. 顔
9. お腹
10.お尻

 

太る順番は

太る順番は痩せる順番とは逆になります。

顔や、お尻、お腹が太りやすいのですね。

食べすぎると翌朝お腹が出てしまったり、顔が大きくなったりしするのはこういうことなのでしょう。

 

脂肪の種類によって痩せる順番が違う

脂肪が落ちる順番は

体脂肪の種類には内臓脂肪、皮下脂肪の3つあります。

痩せやすい順番は、次のようになっています。

 

1.内臓脂肪
2.皮下脂肪

 

内臓脂肪

お腹を中心とした、内臓のまわりについた脂肪が内臓脂肪です。

内臓脂肪は年齢とともに付きやすくなります。

中年太りとは、まさにこのことでしょう。

一般的に、女性より男性につきやすい脂肪といわれています。

内臓脂肪は、食べ過ぎや高カロリーの食事によって、使いきれなかった余分なエネルギーが脂肪となって内臓に蓄積されます。

また、加齢による基礎代謝の低下も、内臓脂肪が増える原因となっています。

運動不足、睡眠不足、生活習慣の乱れも原因となります。

 

皮下脂肪

皮下脂肪とは、皮膚と筋肉の間に蓄えられる脂肪のことです。

男性よりも女性の方が、皮下脂肪はつきやすいとされています。

皮下脂肪は、食べすぎや運動不足が原因となることが多いです。

皮下脂肪は落ちにくく、内臓脂肪の後に燃焼するといわれています。

 

内臓脂肪と皮下脂肪の見分け方

見た目では、内臓脂肪か皮下脂肪か分かりません。

見分ける簡単な方法は、脂肪そのものをつまんでみることです。

手のひら全体を使ってつまんだ時に、多く脂肪をつまめるなら皮下脂肪の可能性が大。

正しい内臓脂肪と皮下脂肪の割合を知りたい人は、体重体組成計で測定すると良いでしょう。

内臓脂肪の落とし方

内臓脂肪は皮下脂肪よりも燃焼しやすく、落としやすいです。

ダイエットや筋トレを始めると、内臓脂肪から落ちています。

次に、腕やふくらはぎなどについた皮下脂肪、その次に腰周り、お腹周りの皮下脂肪が落ちていきます。

内臓脂肪を落とすには、生活習慣や食生活の改善。

また、内臓脂肪を落とすには、スクワットが効果的といわれています。

低カロリー食を心がけ、適度な運動をして落としていきましょう。

 

皮下脂肪の落とし方

皮下脂肪も、内臓脂肪と同じように運動不足や食べすぎによってついてしまうことが多いです。

皮下脂肪は、男性よりの女性につきやすいとされています。

内臓脂肪は、皮下脂肪と比べてつきやすく、減りやすいですが、皮下脂肪はその逆です。

内臓脂肪とは違って体につきにくいですが、燃焼しにくいこともあって、なかなか落とせません。

皮下脂肪を落とすには、有酸素運動が効果的とされています。

有酸素運動の前に筋力トレーニングを取り入れると、効果をアップさせることができるといわれています。

筋力トレーニングの後にウォーキングや水泳などを行うと、効率よくダイエットできます。
また、皮下脂肪が付いている、腰回りなのどの部位痩せにもつながります。

まとめ

体脂肪には、内臓脂肪と皮下脂肪がありますが、厄介なのは皮下脂肪です。なかなか落ちない部位は、皮下脂肪が付いていることが多いです。

効率よくダイエットで脂肪を落としていくには、付いている脂肪を知ることも大事です。それによって、ダイエットのやり方を変えて、しっかりと脂肪を落としていきましょう。