ダイエットにいいワインは赤、白、ロゼのどれ?太らない飲み方は

ダイエットにワインは良く聞きますね。ワインダイエットというのもあるほどです。でも、ワインには赤、白、ロゼの3種類ありますが、どのワインがダイエットに良いのでしょう。

ここでは、ダイエットには赤ワイン、白ワイン、ロゼのどれが効果のあるのかまとめてあります。また、太らない飲み方も紹介しています。

ワインといっても、お酒です。ダイエットに良いといっても、飲み方次第では太ってしまいます。ワインを上手に飲んで、ダイエットの効果を上げましょう。

 

ダイエットにいいワインは

赤、白、ロゼ、それぞれのワインのカロリー

ダイエットというと、やはり気になるのがカロリーですね。

ワイン100mlあたりのカロリーはというと

赤ワイン:73kcal
白ワイン:73kcal
ロゼ  :77kcal

赤ワイン、白ワイン、ロゼもあまりカロリーは変わりません。

では100mlあたりの糖質はというと

赤ワイン:1.5g
白ワイン:2g
ロゼ  :4g

ロゼが少し多いですが、そこまで赤ワイン、白ワインと違いはありません。

では、赤ワイン、白ワイン、ロゼの中でどれがダイエットにはよいのでしょう。

ダイエットにいいワインは赤、白、ロゼ?

ダイエットにいいワインは赤、白、ロゼどれなのかというと、結論から言うと辛口の白ワインです。

ただ、赤ワインも気になりますね。

赤ワインというとポリフェノールで知られていますね。

では、何故白ワインが良いのか説明していきましょう。

 

白ワインは血糖値を下げる

白ワインには、酒石酸や乳酸などの有機酸が豊富に含まれています。

有機酸は善玉菌を増やして悪玉菌を殺すという、腸内環境を整える作用があり、便秘解消にも効果があります。

また、ワインは特に、白が痩せるという報告がドイツでされているそうです。

さらに、白ワインは飲んだ翌日の血糖値を下げてくれるというデータもあります。

糖質の多い甘い白ワインがあるので、ダイエットには辛口を選びましょう。

 

赤ワインは脂肪燃焼を促進

赤ワインというと、ポリフェノールが豊富に含まれています。

赤ワインに含まれるポリフェノールは、強い抗酸化作用がありますが翌日の血糖値を下げたりする効果はありません。

ただ、赤ワインに含まれるポリフェノールには脂質の吸収を抑え、脂肪の燃焼を促進する働きがあるといわれています。

脂肪太りの人には、赤ワインがおすすめします。

 

 

太らない飲み方

ワインを飲む量

ワインダイエットの場合、ワイングラス1~2杯程度が適量です。

ワインはいいといってもお酒です。

飲み過ぎはNG!

ダイエット中なら、2杯までにしましょう。

また、休肝日の設定は設けることをおすすめします。

 

ワインの太らない飲み方

ワインは味わいながら、ゆっくり時間をかけて飲みましょう。

時間をかけて飲むことで満腹中枢が刺激され、食べ過ぎ防止になります。

また、満腹感により食事の量を抑えられ、摂取カロリーを低くすることもできます。

ダイエット中でもお酒を飲みながら痩せる飲み方についてはこちらで紹介しています。

関連記事

ダイエット中でもお酒を飲みたいけれど、太るから飲めないと諦めていませんか。お酒はダイエット中にはよい飲み物とは言えませんが、飲むと必ずしも太るわけではありません。 ここでは、ダイエット中でも痩せられる飲み方、飲む時間帯、飲む頻度を紹介[…]

食事のカロリーに注意

お酒を飲む時の食事には注意しましょう。

ワインはダイエットにいい、太らないといっても、食事でカロリーを取り過ぎると太ってしまいます。

塩分の多い食事もNGです。

おつまみも、塩分の少ない低カロリー食品を選びましょう。

 

 

まとめ

ダイエットには、血糖値を下げる効果がある白ワインが良いとされています。また、赤ワインには脂肪燃焼効果が期待でき、脂肪太りに良いと言われています。

ただし、飲む量には気を付けましょう。飲み過ぎは体によくありません。ダイエットには飲む量に気を付け、夜寝る前に飲むようなことはやめましょう。