キムチはダイエットに効果的!1日に食べる量は何グラムが目安?

キムチは発酵食品で、ダイエットに効果のある食品と言われています。

キムチダイエットというのがあるように、キムチでダイエットをする方もいます。ここでは、キムチを食べてダイエットしたい方に、必要な情報をまとめてあります。

キムチダイエットのやり方を紹介しているわけではありませんが、内容的には「キムチダイエットのやり方」になっています。キムチの選び方や、ダイエットにより効果があるといわれている「キムチ納豆」のレシピも紹介しています。

 

 

キムチダイエット

キムチにはダイエット効果がありますが、どうしてダイエットに良いとされているのでしょうか?

また、ダイエットに良いキムチの選び方も説明します。

 

キムチダイエットとは

キムチダイエットとは、キその名の通りキムチを食事の時に食べるダイエット方法です。

キムチは発酵食品で、健康、美容、ダイエットにもよいとされている食品です。

ただし、キムチダイエットは正しく行わないと痩せません。

それどころか太ってしまうこともあるのです。

ここからは、キムチダイエットの正しいやり方を説明していきます。

 

キムチの選び方

市販のキムチには、残念ながら「発酵食品」とは言い難いキムチもあります。

本来キムチは、白菜などの野菜の「乳酸菌」が発酵することによって作られるものですが、人工的に乳酸菌を添加したものもあります。

大量生産され、安価で大容量タイプの商品に多く見られます。

「自然発酵」のキムチだから、効果を得られます。

キムチは、「乳酸菌」が発酵したものを選びましょう。

「自然発酵」「天然発酵」といった記載があるか確認しましょう。

 

キムチの効果

キムチはさまざまな効果から、健康、美容、ダイエットに良いとされています。

 

整腸作用・便秘解消

キムチには、生きたまま腸に届きやすい「ラクトバチルス」という植物性の乳酸菌が豊富に含まれています。

動物性の乳酸菌より、胃酸に強いそうです。

キムチを摂ることで、腸内環境が整い、整腸作用や便秘解消に効果があります。

また、キムチには食物繊維も豊富に含まれています。

乳酸菌と食物繊維で、さらにお通じを良くします。

 

代謝アップ・脂肪燃焼促進

キムチに使用されている唐辛子の辛み成分プサイシンには、アドレナリンを分泌する働きがあり、代謝を上げる効果があります。

また、カプサイシンには脂肪を分解する働きがあるので、キムチを摂って有酸素運動をすると、脂肪燃焼効率がアップするそうです。

 

免疫力アップ

キムチの乳酸菌は、善玉菌を増やして腸内環境を整える作用があるので、大腸ガンを予防する効果も期待できるそうです。

また、腸の環境を整えるので、免疫力アップにもつながります。

 

美肌効果

キムチにはビタミン類が豊富に含まれています。

ビタミンB1、ビタミンB2などのビタミンB群、ビタミンA、ビタミンCなどが含まれてい、て美肌効果が期待できます。

 

 

キムチのダイエット効果

キムチには、代謝をアップする効果があるので、痩せやすくなります。

さらに、脂肪を分化する働きがあるので、ダイエットにもつながります。

また、キムチに含まれる食物繊維や、乳酸菌の整腸作用により便秘解消でき、ダイエットにも良いのです。

 

キムチダイエットのやり方

キムチダイエットのやり方を説明していきます。1日に食べる量や食べる時間帯、食べ方など!

また、キムチダイエットを行う上で、注意点もあります。正しいやり方でないと、キムチダイエットは失敗してしまいます。

 

キムチのカロリー

ダイエットで気になるのはカロリーです。

キムチのカロリーは、100gあたり46kcalです。

低カロリーでヘルシーな食材です。

ダイエットには安氏して食べられるカロリーですが、そこに大きな落とし穴があります。

キムチダイエットで太る人の原因となっています。

その事については、キムチダイエットの注意点で詳しく説明します。

 

1日に食べる量は何グラムが目安

キムチは、100gあたり46kcalです。

商品によってもカロリーが違うので、商品に記載のカロリーをしっかりと確認しましょう。

キムチの食べる量は、1日に約50gが目安です。

50gで23kcalです。

カロリーが低いので、安心して食べられる量です。

 

 

ダイエットに効果のあるキムチを食べる時間帯

キムチの整腸作用を活かすには、夜がおすすめです。

昼間は腸の働きが活発になるので、腸内にとどまってる時間が長くなりますが、長くとどまりません。

夜食べると、乳酸菌の滞在時間が長くなるので、「善玉菌が増える」可能性が高くなるそうです。

 

ダイエットに効果のあるキムチの食べ方

乳酸菌は加熱すると死滅するので、生きた菌としての整腸作用などの効果はなくなります。

キムチは加熱するより生で食べた方が、腸に良いそうです。

また、キムチは納豆と組み合わせることによって、ダイエット効果が高まるそうです。

 

キムチダイエットの注意点

キムチダイエットでは、食べる量に気を付けましょう。

慣れてくると、食べただけ痩せると勘違いしてしまいます。

キムチには塩分が多く含まれています。

塩分の散り過ぎると、身体は水を身体にため込みやすくなり、太ってしましまいます。

1日に食べる量を守って、ダイエットしましょう。

 

キムチ納豆レシピ

 

材料(1人分)

納豆      :1パック

ニラ      :1/3わ

   :20g

作り方

1.ニラは熱湯でさっとゆで、3cmほどの長さに切り水気を絞ります。

2.キムチは食べやい大きさに切ります。

3.ボウルに納豆とキムチを入れてを混ぜ合わせ、器に盛りつけるたら完成です。

 

 

まとめ

キムチは発酵食品で、ダイエットだけでなく美容にも良いので女性におすすめです。

キムチダイエットで、痩せるだけでなく美肌も手に入れられるかもしれませんよ。