スムージーダイエットで痩せない!5つの注意点と正しい方法を伝授

スムージーダイエットは、レディー・ガガさんが2ヶ月で13キロ減量に成功したことで話題になりました。健康に良いとされるスムージーダイエットは、いかにもダイエットに効果的と思われますが、意外と失敗している人も多いです。私も最初、間違ったスムージーダイエットをして失敗しました。

でも、スムージーダイエットは正しい方法で行うと痩せるんです。では、失敗するのは何故なのでしょう。私も失敗した経験からその原因を探って、正しい方法でダイエットを成功させました。

ここでは、主な原因を5つ伝授しています。スムージーダイエットに失敗した方の参考にお役立てください。注意点を守って、スムージーダイエットを成功させましょう。

 

1.糖分の取り過ぎ

スムージーに使用する材料は、野菜と果物です。

野菜にはそれほどカロリーはないですが、果物は糖分を含んでいて、カロリーが高いんです。

スムージーによく使用される果物は、リンゴ、キウイ、バナナなどです。

これら果物の100gのカロリーはどのくらいでしょう。

リンゴは約57カロリー、キウイは約53カロリー。

なんとバナナは約86カロリーもあるんです!

スムージーだからといって果物多めで飲んでいると、逆に太ってしまうこともあります。

また、スムージーに健康に良いからとハチミツを加えて飲む方もいますが、ハチミツも糖分です。

ダイエット目的でスムージーを飲む場合は、野菜、果物、水で作りましょう。

野菜6:果物4の割合でスムージーを作る

2.スムージーを飲む量

スムージーを飲むと、飲んでいるだけで痩せると錯覚を起こしてしまうことがあります。

その結果、1日に1杯も2杯も飲んでいませんか。

スムージーもカロリーがあります。

1日何杯も飲んで食事をとっていると、カロリーの取り過ぎで太ってしまいます。

スムージーは1日1杯にしましょう。

1杯、350mlを目安に飲みましょう。
 

3.1食のカロリーがオーバー

1日のうち1食をスムージーに置き換えていると、安心感で食事を多くとってしまうことがあります。

スムージーでカロリーを抑えているのに、これでは意味がありません。

1食のカロリーが高いと、1日のカロリーをオーバーして太ってしまうことがあります。

また、食事をスムージーに置き換えることでお腹が空いて、食べ過ぎてしまうこともあります。

 

 

私も、食事の量の取り過ぎでスムージーダイエットを失敗しました。

食事は、最初から必要なだけ用意してゆっくり噛んで食べましょう。

時間をかけてよく噛んで食べると、満腹中枢が刺激されて食欲が抑えられます。

食欲が抑えられない人は置き換えではなく、最初は間食に飲むと良いでしょう。

後半で飲むタイミングも含めて、スムージーダイエットの正しいやり方を説明していきます。

食事の取り過ぎに注意!

4.冷たいスムージーを飲んでいる

冷たいスムージーを飲んでいないでしょうか。

冷えた飲み物は、体を冷やして血行が悪くなり新陳代謝が低下します。

その結果、便秘になったり、むくみが出たりしてしまうことがあります。

スムージーは常温で飲みましょう。

5.運動不足

スムージーダイエットをしていてもあまり効果がでない原因の1つに、運動不足があります。

飲んでいるからといって体を動かさずにいると、カロリーが燃焼されません。

筋肉も衰えて基礎代謝の低下にもなり、痩せにくいという体質につながります。

ダイエットの効果をアップさせるには、有酸素運動がいいと言われています。

1日、20分以上、30分以内のウォーキングがおすすめです。

有酸素運動と筋トレを取り入れたダイエットに興味ある方は、こちらも参考にして下さい。

関連記事

ダイエットには、様々な方法がありますが、過度の食事制限で痩せるとリバウンドをしてしまうことが多く、途中で続かなくて失敗ということもありがちです。 過度の食事制限をせずに、有酸素運動と筋トレをライフスタイルに取り入れることで、無理なく効[…]

適度な運動をする

スムージーダイエット方法は

スムージーがダイエットに効果があるとされるのは何故でしょう。

1.食事を置き換えることで、摂取カロリーを抑えられる

2.食物繊維を摂ることで便秘を改善する

3.食間に飲むことで食欲を抑え、食事の量を抑える

では、正しいスムージーダイエットのやり方とは?

食事を置き換えて摂取カロリーを抑える

1日1食をスムージーに置き換えます。

朝・昼・夜、どのタイミングでも構いません。

よりダイエット効果を期待するなら、夜に飲むことがおすすめです。

食間に飲んで食事の量を抑える

1食をスムージーに置き換えると、お腹が空いて食事を多くとってしまう方には、食間に飲むことをおすすめします。

昼食と夕食の間にスムージーを飲むと食欲が抑えられて、夕食の量が抑えられます。

食事の直前ではなく、午後3時から5時の間に飲みましょう。

1日1杯、300カロリー以内に抑えましょう。

まとめ

ダイエットだけでなく、健康に美容に良いとされるスムージーですが、取り方を間違えると効果がありません。正しい方法で行うことが、リバウンドせずにダイエットを成功させます。

ただ、体質的にスムージーダイエットが向かない人もいます。食物繊維を多く含みため、お腹が弱い人や腸が過敏な人などは注意しましょう。体調を見ながらスムージーダイエットを行いましょう。