スムージーダイエット置き換えのやり方!飲む時間帯、タイミング

スムージーダイエットには色々なやり方があります。スムージー置き換えダイエットは、その名の通り、1日1食をスムージーに置き換えるダイエット方法です。

ここでは、スムージーダイエット置き換えのやり方を紹介しています。よりダイエットに効果的な時間帯は、朝、昼、夜のどれなのか。

また、置き換えで、スムージーを飲む量とそのカロリー。追記で食間に飲む場合の、スムージーを飲むタイミングも説明してます。

 

スムージーダイエット方法

スムージーダイエットのやり方はいくつかある

スムージーダイエットには主食の代わりにスムージーを飲んだり、食間に飲んだりするやり方などがあります。

スムージーには野菜や果物の栄養素がたっぷり入っています。

ビタミン類やミネラル、食物繊維が豊富に含まれていて、ダイエットをサポートします。

スムージーダイエットで効果的なやり方は、1日1食をスムージーに置き換えるやり方です。

1日のカロリー低く抑えて、痩せる効果がります。

また、スムージーは美容にもいいので、ダイエット中の肌荒れを防いでくれます。

 

スムージー置き換えダイエットのやり方は

スムージーダイエット置き換えのやり方は、朝、昼、夜の1食だけ、スムージーに置き換えます。

後の2食は、通常に摂ります。

ただし、気を付けないといけないのは、カロリーです。

糖質が多くて甘い、カロリーの高いスムージーを飲んでは、痩せる効果が軽減してしまいます。

また、1食を置き換えることの安心感から、他の2食をたくさん食べてしまうこともあります。

1日の総カロリーが高くなって、かえって太る可能性もあるのです。

また、飲む時間帯も大事ですね。

朝、昼、夜でどの時間帯がダイエットに効果的なのか、ここから詳しく説明していきます。

 

スムージーダイエットの効果的なやり方

飲む時間帯はいつ?

スムージーを飲む時間帯は、基本的に朝食、昼食、夕食のいつでもOKです。

しかし飲む時間帯によって、ダイエットの効果が違ってきます。

また、自身を取り巻く環境によっても、選び方が違ってきます。

 

朝の時間

朝は、これから活動する時間帯です。

朝のスムージーはエネルギー源となります。

また、朝にスムージーを飲むと、代謝を高めることができます。

起床後はまだ胃が活発に動いていないので、朝から食欲が出ない人もいます。

そんな方は、スムージーは朝飲みやすいですね。

朝早く起きることができなくて、いつもバタバタする人にも、朝スムージーは向いているとも言えるでしょう。

昼の時間

昼のスムージーは朝と夜の間の、栄養補給的な感じになります。

昼の時間は、まさに活発に活動する時間帯です。

食べたカロリーはエネルギーとして消耗されて、食べてもあまり太らない時間帯です。

また、BMAL1(ビーマルワン)」というタンパク質があり、これには脂肪を蓄積する働きがあります。

BMAL1の量は1日のうちで夜10時~午前2時頃にもっとも多くなり、1日のうちで午後3時頃が一番少なくなるそうです。

夜の時間

夜の時間帯は、夕食の後は眠るだけです。

就寝時もカロリーは消費しますが、夕食の時間帯にたくさん食べると太りやすいです。

それには、BMAL1(ビーマルワン)」も関係してますが、インスリンも深く関わっています。

ブドウ糖を中性脂肪に変える働きがあるインスリンは、自律神経の副交感神経が盛んに働いている時間帯に多く分泌されます。

副交感神経は、夕方から寝ている間の時間帯に盛んなるので、寝るまでの間に使い切れなかった糖はインスリンが中性脂肪に変えるのです。

夕食をスムージーにすると、体内に脂肪が蓄積されることはなく、痩せやすくなります。

 

ダイエットに効果的な時間帯は朝・昼・夜

結論から言うと、スムージーダイエットに効果的な時間帯は夜です。

もちろん、朝、昼も痩せる効果はあります。

スムージーダイエットは朝、昼、夜、一番やりやすい時間帯でも大丈夫です。

でも、一番、最も短期間で痩せる効果があるのは夜です。

ただし、夕食は家族団らんの時です。

家族が食事している時に、一人だけスムージーというのも寂しいですね。

家族と住んでいる方は家族と相談し、協力してもらいましょう。

飲む量とカロリー

スムージーを食事と置き換えるからといって、たくさん飲んではいけません。

飲む量は1杯、約200ml目安に飲みましょう。

カロリーは200kcal以下です。

スムージーは、カロリー計算をして作りましょう。

200kcal未満の低カロリー、ダイエットスムージーレシピはこちらの記事で紹介しています。

関連記事

スムージーダイエットでは、どんなスムージーを作るかで痩せる効果も違ってきます。 ここでは、200kcal未満で低カロリーのスムージーレシピを紹介しています。誰でも簡単にできる作り方で、時間もかかりません。 市販ですぐ手に入る材料[…]

 

 

スムージーダイエットの注意点

スムージーダイエットの場合は、1日1食を置き換えているという安心感から、他の2食を食べ過ぎてしまうことがあります。

また、間食をしてしまったり!

そうすると、総カロリーが1日に必用な摂取カロリーをオーバーしてしまって、太ってしまいます。

2食は通常に食べてもいいですが、栄養バランスを考えてメニューをたてましょう。

スムージーも糖質の多い果物は少なめにして、野菜中心で低カロリーにしましょう。

スムージーダイエットで痩せない原因と注意点はこちらの記事で紹介しています。

関連記事

スムージーダイエットでは、どんなスムージーを作るかで痩せる効果も違ってきます。 ここでは、200kcal未満で低カロリーのスムージーレシピを紹介しています。誰でも簡単にできる作り方で、時間もかかりません。 市販ですぐ手に入る材料[…]

 

スムージーを飲むタイミング

置き換えでなく、間食に飲むときは食事の前後を避けましょう。

スムージーを飲む前後に食事をしてしまうと、スムージーの栄養の吸収が妨げられて、せっかくの栄養が吸収されないからです。

スムージーを飲む前後40分は、食事をしないようにしましょう。

まとめ

スムージーダイエットの置き換えは、夜の時間帯がおすすめです。痩せる効果が一番高いです。

でも、生活環境によっては、そうもいかないことがありますね。朝食、昼食を置き換える場合は、できるだけ夕食のカロリーを低くすると、痩せやすくなります。