ダイエット中の栄養素バランス、比率は?糖質、脂質、タンパク質の割合

ダイエット時に気をつけるのが、栄養バランスです。特に3大栄養素である、糖質、脂質、タンパク質はどんな割合で摂ったら良いのでしょう。

ダイエットに最適な、3大栄養素である糖質、脂質、タンパク質の比率をまとめてみました。

糖質、脂質はダイエットを妨げるものと思いがちですが、痩せるには必要となる栄養素なのです。

 

生活習慣病予防の栄養素バランス

健康よい栄養素バランス

厚生労働省では、生活習慣病の予防・改善となる三大栄養素の目標量を、「エネルギー産生栄養素バランス」として提示しています。

 

1~49歳まで(男性・女性)

たんぱく質 :13~20%
脂質    :20~30%
炭水化物  :50~65%

 

50~64歳まで(男性・女性)

たんぱく質 :14~20%
脂質    :20~30%
炭水化物  :50~65%

 

65歳以上(男性・女性)

たんぱく質 :15~20%
脂質    :20~30%
炭水化物  :50~65%

 

これは、厚生労働省が推奨する健康的に生活をしていくための、理想的なPFCバランスです。

厚生労働省「エネルギー産生栄養素バランス」はこちらを参照

 

 

PFCバランスとは(糖質:脂質:タンパク質の比率)

PFCバランスとは、3大栄養素である糖質:脂質:タンパク質の比率のことです。

P(Protein たんぱく質)
F(Fat 脂質)
C(Carbo 糖質)

 

この3つを略してPFCバランスと言います。

しかし、これは健康的に生活していく上での栄養素バランスなので、ダイエットに最適な栄養素バランスは異なってきます。

 

 

ダイエットに効果的な栄養素バランス

筋肉トレーニングに効果的な糖質とタンパク質との比率は

筋肉のトレーニングに最適な糖質とタンパク質のバランスは、「糖質3:タンパク質1」だそうです。

運動後に、このバランスで栄養素を摂るのがベストと言われています。

ダイエットには、筋肉量を落とさないことも大事です。

筋肉量が減ると基礎代謝量も落ちてしまい、痩せにくい体になってしまいます。

また、減量しても、筋肉が減ると代謝が下がるので、今まで消費していたエネルギーが消費できなくなり脂肪が体につきやすくなります。

リバウンドしやすくなるなるのです。

話が少しそれましたが、では、本題のダイエットに効果的な栄養素バランスの比率はどのようになるのでしょう。

 

 

減量に最適なカロリーバランスは

PFCバランスと、筋肉トレーニングに最適な糖質とタンパク質の比率から、ダイエットに効果的な栄養素バランスを算出します。

 

タンパク質:脂質:糖質の比率(パターン1)

タンパク質 :25%
脂質    :25%
糖質    :50%

 

タンパク質:脂質:糖質の比率(パターン2)

タンパク質 :30%
脂質    :20%
糖質    :50%

 

1日の摂取目安カロリー1,800kcalの場合パターン1)

タンパク質 :450kcal(1800 x 0.25)
脂質    :450kcal(1800 x 0.25)
糖質    :900kca(1800 x 0.5)

 

1日の摂取目安カロリー1,800kcalの場合パターン1)

タンパク質 :540kcal(1800 x 0.3)
脂質    :360kcal(1800 x 0.2)
糖質    :900kca(1800 x 0.5)

 

ダイエットは個人差があるので、自分に合った比率を見つけることも大事です。

 

 

まとめ

炭水化物は、体を動かすのに必要なエネルギー源となる栄養素です。炭水化物を摂らないこと、ストレスになってダイエットが続かなかったりすることもあります。

脂質も重要なエネルギー源のひとつで、少なすぎるとホルモンバランスが崩れたり、さまざまな悪影響を及ぼす可能性があります。ダイエットには糖質、脂質、タンパク質の栄養素バランスが大事なのです。