低カロリーダイエットスムージーレシピ!200kcal未満で美味しい

スムージーダイエットでは、どんなスムージーを作るかで痩せる効果も違ってきます。

ここでは、200kcal未満で低カロリーのスムージーレシピを紹介しています。誰でも簡単にできる作り方で、時間もかかりません。

市販ですぐ手に入る材料で、値段も安い野菜や果物で栄養たっぷり美味しいスムージーが作れます。

 

スムージーの作り方

準備するもの

スムージーは誰でも簡単に作れる飲み物です。

準備するものは以下のものです。

 

・食材
・ミキサー

 

この2つだけです。

基本的に食材は野菜と果物で、何種類も入れない方が良いです。

様々な栄養素を取りたいために、たくさん野菜や果物を入れたいところですが、種類が多すぎると色々な味がケンカしてしまいます。

嫌な味が出てしまって、美味くなくなる事があるので、野菜や果物は2~4種類程度が良いです。

スムージーの作り方

スムージーの作り方は簡単です。

食材を洗って、小さく(1センチ位)にカットします。

葉野菜は、適当にちぎっていれてもいいです。

食材をミキサーに入れて、綺麗に混ざり合ったら完成です。

 

飲み方

スムージーダイエットには、1日のうち1食だけをスムージーに置き換えるダイエットや、食間に飲むダイエットもあります。

また、3食をスムージーだけで過ごすスムージーダイエットもあります。

やり方はそれぞれ違いますが、そのダイエットにのっとって飲みましょう。

どのやり方でも、スムージーレシピの基本は同じです。

やり方によって、レシピが特に変わるということはありませんが、低カロリーにするのがポイントです。

 

ダイエットにおすすめのスムージー

栄養たっぷりグリーンスムージー

 

♦材料

ほうれん草  :30g

モロヘイヤ :20g

水菜    :40g

レタス   :1枚

バナナ   :1/4本

リンゴ   :1/2個

キウイ   :1/2個

牛乳    :150ml

 

ケールのスムージー

 

♦材料

ケール   :1枚

枝豆    :25g(豆のみ)

ブロッコリー:1/6株

青汁    :1袋

リンゴ   :1/2個

オレンジ  :1/2個

水     :150cc

 

ほうれん草と豆乳のスムージー

 

♦材料

ほうれん草 :50g

小松菜   :30g

りんご   :1/4個

バナナ   :1/4本

レモン   :汁小さじ1

豆乳    :200cc(無調整豆乳)

 

ほうれん草とりんごのスムージー

 

♦材料

ほうれん草 :30g

レタス   :1枚

水菜    :30g

りんご   :1/2個

キウイ   :1/2個

水     :150cc

 

アボカドスムージー

 

♦材料
ほうれん草 :40g
アボカド  :1/4
キウイ   :1/2個
りんご   :1/2個
水     :150cc

 

 

スムージに合う野菜・果物

スムージーに適した野菜・果物

スムージー合う野菜は、サラダにして生で食べられる緑色の葉野菜が適しています。

果物は全体をまとめる役割をします。

野菜だけで作ると、どうしても飲みにくくなってしまします。

果物がマイルドにして、飲みやすく美味しいスムージーにします。

 

スムージーに合う野菜

野菜の種類 100g当たりのカロリー(kcal)
ほうれん草 20
小松菜 22
水菜 23
春菊 20
ケール 28
レタス 12
アボカド 187
チンゲン菜 9
ブロッコリー 33
パプリカ 30
モロヘイヤ 38

 

スムージーに合う果物

果物の種類 100g当たりのカロリー
バナナ 86
りんご 52
キウイ 53
オレンジ 39

 

スムージーに適さない野菜

でんぷん質の多い人参や大根、とうもろこしなどの野菜は、消化や吸収が悪いので適さないとされています。

また、でんぷん質の多い野菜はカロリーが高いものもあるので、気を付けましょう。

セロリや生姜など、味に癖のある野菜、個性の強い野菜は、全体のバランスを壊す可能性があるので、入れる場合は少量にしましょう。

まとめ

スムージーダイエットに適しているスムージーは、基本的に低カロリでなくてはいけません。ここで紹介しているスムージーは全て200kcal未満です。

ここで紹介しているレシピを参考に、自分でもアレンジして自分だけの美味しいスムージーを作るのも楽しいです。