ダイエットでご飯の代わりになる食べ物は?炭水化物抜きにおすすめ

ダイエットをするなら、短期間で痩せたいと思う人は多いです。

カロリーを減らすには主食抜きは効果的ですが、ご飯の代わりになる食材はどんなものがよいでしょう。

ここでは、ダイエットにおすすめのご飯の代わりになる食材を紹介しています。

ダイエットを成功させるためには、食材選びは大事です。

 

 

目次

1.お米の代わりになる食材
2.ご飯の代用:木綿豆腐
3.ご飯の代用:こんにゃく
4.ご飯の代用:キャベツ
5.ご飯の代用:バナナ
6.ご飯の代用:春雨
7.まと

お米の代わりになる食材

お米の代わりになるものは、低カロリーでボリューム感があるものが良いです。

それに加えてダイエットをサポートする栄養素が含まれていると、なおよいですね。

お米の代わりになる食材をあげてみましょう。

食材100g当たりのカロリー(kcal)
木綿豆腐80
こんにゃく5
キャベツ23
バナナ14
茹で春雨80
ご飯の代用:木綿豆腐

大豆食品である豆腐には、女性ホルモンであるエストロゲンに似た作用がある大豆イソフラボン、脂質代謝に関わるレチシンが含まれています。

また、活性酸素の働きを抑制したり、脂肪の 蓄積を防いだりする働きがあるサポニンを含んでいて、ダイエットに適しています。
a
豆腐には木綿と絹ごしがありますが、ダイエットには木綿がおすすめです。
a
メーカーによっても違いますが、木綿豆腐の100g当たりのカロリーは80kcal、絹ごし豆腐は62kcalです。

絹ごしよりカロシーが高いですが、木綿豆腐は水分が絞られているので栄養分が凝縮されています。

木綿の方が栄養が豊富です。
a
絹ごし豆腐よりも、たんぱく質、カルシウム、鉄分、ビタミン類、食物繊維を豊富に含んでいます。
a
中でもカルシウムは3倍、ビタミンEは2倍も含まれているのだそうです。

また、歯ごたえもあるので主食の代用品とし、満足感を与えます。

a

 

ご飯の代用:こんにゃく

こんにゃくは、100g当たりのカロリーはたった5kcalです。

低カロリーで歯ごたえもあって、ダイエット食にはおすすめです。

また、食物繊維が豊富で便秘解消の効果もあります。

ただ、不溶性食物繊維が豊富なので、食べ過ぎると逆に便秘を悪化させてしまうことがあります。

食べ過ぎには注意しましょう。

ご飯の代用:キャベツ

キャベツは噛みごたえがあるので、食事の最初に食べると空腹を抑えて食べ過ぎを防止することができます。

また、血糖値の上昇を抑制する効果もあります。

茹でるより、生で食べると良いでしょう。

星野源さんは、キャベツダイエットで2週間で5キロ痩せたそうですよ。

ご飯の代用:バナナ

バナナは1年中出回っているのでいつでも手に入りやすく、安価なのでお金もかかりません。

そのまま食べられるので、料理する必要もありませんね。

バナナはカロリーが高いというイメージがありますが、可食部100gのカロリーは86kcalです。

また、バナナはビタミン、ミネラル、食物繊維がバランスよく含まれていて、特にカリウムが豊富です。
a
カリウムには塩分を排泄する働きがあるので、むくみ防止の効果がありダイエットにもいいのです。
a
ただ、そんなにカロリーが高くないといっても、食べ過ぎては痩せる効果が低くなってしまいます。

1食1本にしましょう。

1本ではお腹が空いて我慢できないという人は、2本までにしましょう。

ご飯の代用:春雨

春雨は緑豆や、さつまいも、じゃがいもなどの芋類からとれるデンプンを原料としています。

炭水化物の一種として分類されていますが、春雨を茹でると水分を含むため、炭水化物は20%程度になります。
a
炭水化物ということからすると炭水化物ダイエットに適した食品とは言えませんが、茹でた春雨はカロリーが低くなります。
a
糖質量も一気に減るので、食べる量に気をつけるとダイエットに適しています。

糖質量も一気に減るので、食べる量に気をつけるとダイエットに適しています。

a

置き換えダイエットに向いている食べ物は、こちらのサイトで詳しく紹介しています。

関連記事

主食置き換えダイエットは、ご飯を他の食材に置き換えるダイエット方法です。 そこで、置き換えダイエットに適している、主食の代わりになる食材をまとめてみました。 また、1日1食を他の食べ物に置き換える、ダイエットに適している食べ物も[…]

まとめ

主食抜きダイエットをは、短期間で痩せることも可能です。

お米の代わりに他の食品を食べることで、大幅にカロリーを減らすことができます。