ダイエットにいい麺・米の代用品!短期間で痩せるのも可能

ダイエットの基本は食事と運動ですが、ほとんどは食事と言われています。

高校生が食べ過ぎが原因で肥満になった場合は、食事の改善をしなければいけません。

特に、ご飯などの主食を食べ過ぎている場合は普通に戻す必要がありますが、ご飯をたくさん食べたい高校生にとってはストレスになることがあります。

そんな時、麺や米の代用品になる食品を使用すると主食をカットすることができます。

低カロリーでダイエットにはおすすめです。

ここでは、スーパーやコンビニなどで手に入りやすい商品を紹介しています。

 

 

目次

1.麺の代用品
① こんにゃく麺
② おからパウダー麺
2.お米の代用品
① 米こんにゃく
まと

麺の代用品

麺類はカロリーが高いですが、代用品を使用すると大幅にカロリーカットできます。

スーパーの店頭でもよく見かけるので、探してみましょう。

こんにゃく麺

こんにゃく麺でよく知られているのが、ヨコオデイリーフーズの「月のうさぎ」シリーズです。

スーパーで手に入りやすい食品です。
a
うどん風こんにゃく

1袋170gあたり(こんにゃく麺のみ):19kcal

ゆでたうどんのカロリーは100gあたり105kcalです。

170gあたりのカロリーは178.5kcalですが、こんにゃく麺はたった19kcalという低カロリーです。

そのまま、付属品のたれをかけたり、普通にアツアツのうどんで食べてもいいです。

夏は冷やして、ざるうどんでも美味しいです。

a
冷し中華こんにゃく

1袋170gあたり(こんにゃく麺のみ):22kcal

中華麺100gあたりのカロリーは149kcal です。

170gあたりのカロリーは253.3kcalですが、こんにゃく中華麺はたった22kcalです。

ラーメンにして食べたり、夏は冷やし中華でも美味しいです。

焼きそばにも使用できます。

工夫しだいでいろいろアレンジ料理ができるので、ダイエットには重宝な麺の代用品です。

a

 

おからパウダー入り麺

おからパウダーとこんにゃく粉の面でよく知られているのが、紀文の「糖質0g麺」シリーズです。

麺の種類は、平麺・丸麺・細麺の3タイプがあります。

スーパーやコンビニの店頭でも、よく見受けられます。
a
平麺

1袋170gあたり:18kcal

平麺はうどん風にして食べるのが合っています。

冷うどん、温かいうどん、つけうどん、お鍋に入れても美味しいです。

パスタとしても使用できるし、お好み焼きの小麦粉の代用品にもなります。

a丸麺

1袋170gあたり:15kcal

丸麺は、中華麺の代わりになります。

ラーメン、冷やし中華、焼きそば、つけ麺など様々な料理ができます。

パスタの代用品にもなります。

お好みのたれをかけて食べても美味しいいです。

a細麺

1袋170gあたり:14kcal

細麺は、ソーメン風でたべるのがおすすめです。

麺が細いので、ソーメンやにゅうめん、サラダ麺の代わりになります。

麺の上に野菜サラダをたっぷりのせると、低カロリーのダイエット食になります。

a

 

お米の代用品

ご飯が大好きな高校生には嬉しい、米の代用品です。

お米を低カロリー食品に代えることで、大幅にカロリーカットできます。

こんにゃく米

お米の代用品でおすすめはこんにゃく米です。
a
マンナンヒカリ

1袋76gあたりのカロリー:187.5kcal

スーパーで買えるこんにゃく米は、マンナンヒカリが有名です。

値段もお手頃で気軽に買えます。

普通の米と一緒に炊いても、こんにゃく米とは気づかないくらい色も形も普通のお米に近いです。

お米1合とマンナンヒカリ1袋(75g)で炊いた場合、糖質とカロリーを33%カットできます。

aヨコオデイリーフーズ こんにゃく米 つぶこんにゃく

1袋150gのカロリー:0kcal

ヘルシーカンパニー こんにゃく米は、粒タイプのこんにゃくです。

ご飯や料理に加えるだけでカロリーカットできます。

a

 

まとめ

ダイエットでは、食事には気を使いますね。

ご飯や麺類が大好きな方にとっては、普通の食事に戻すだけでもストレスになることがあります。

そんな時に麺や米の代用品を使用しましょう。