夏太りの原因は水にあるかも!水太りを解消する方法

夏太りって聞いたことはありませんか。夏は痩せ時なんてことも!しかし、それに反して、夏に太ることは多いです。何故こんなことが起こってしまうのでしょうか。

私も、夏になると太るタイプです。夏になると他の季節よりも、水を多く飲みます。夏太りの原因は水にあるということもよく耳にしますが、水で太るなんてことはあるのでしょうか。

そこで、夏太りするのは水にも原因があるのか、水で太るなら水太り解消方法は、といったことをまとめてみました。夏太りを予防することにも役立ちます。

 

水が原因で夏太る?

夏太りの原因の1つとして、水で太るということはあるのでしょうか。

結論から言うと、あります。

夏は四季を通して、一番、水を多く飲みます。

暑さで身体から水分が蒸発したり、汗を搔いたりして体内から水分が失われます。

身体は水を欲しがって水を要求します。

喉が渇いて、ついごくごくがぶ飲みしてしまいますね。

水を必要以上に飲みすぎてしまって、水太りすることがあるんです。

 

水太りとは

水太りとは、水を必要以上に飲むと、体内の水分量が増えてむくみやすくなります。

その結果、「むくみ太り」になってしまうのです。

1日に必要な水の摂取目安量は、体重の4%といわれています。

また、1日2リットルもよく聞く水分量です。

 

夏太りに水が原因になるのは

夏太りに水が原因になるのには、訳があります。

夏になると、冷たい水を飲みたいですね。

冷えた水を飲んでいると、身体が冷えて血行が悪くなり、むくみやすくなります。

 

ビールに注意

また、夏はビールが美味しいですね。

ビールに欠かせないのがおつまみです。

チーズや塩辛、かまぼこ、ソーセージなど。

 

塩分の取り過ぎは水太りに

おつまみには、塩分が多く含まれているものが多いです。

塩分を取り過ぎると、身体は塩分濃度を薄めようとして、水を水分を身体にため込みやすくなり、むくんでしまうこともあります。

むくみが原因で、太ってしまうことも!

油断していると、あっという間に太ってしまうこともあるんです。

 

 

水太り解消法

水太りを解消する方法は、水の取り過ぎに注意することです。

夏になると、一度に大量の水を飲んでしまうことがあります。

水を飲むときはゆっくりと、3分~5分くらい時間をかけて飲みましょう。

1回の水分量は、1杯180ml~200mlくらい

夏の水の飲み方は、2時間位、時間を空けてこまめに水分補給します。

お水は常温で。

冷たい水を飲むと血流が悪くなり、代謝を下げてしまいます。

あと、塩分の取り過ぎに注意です!

代謝が悪かったり、冷え性などの原因がない限り、水太りは解消できます。

 

むくみ取り解消法

むくんでしまったら、早く解消しないと水太りになってしまいます。

私は水太りでむくんだときは、お風呂に入ってむくんでいる部分を揉んだり、リンパ流しをしたリします。

お風呂は、もちろん全身浴です。

私の場合たいがいは、これでむくみは解消できますが、適度な運動もおすすめです。

関連記事

水で太ってしまったと聞くことがありますが、このことは本当なのでしょうか。水で太るなんて嘘、という説もあります。意見が分かれてしまう2つの意見は、どちらが正しいのでしょうか。 そこで、水で太るのは本当なのか、さらに、1日に必要な水の量な[…]

 

まとめ

夏になると痩せるような気がしますが、注意しないと水で太ってしまうことがあります。夏太りで悩んでいる人は、水太りも考えた方が良いでしょう。

水の取り過ぎで、夏太りしているかもしれません。一度に大量の水を飲んでしまいがちですが、こまめに水分をとってゆっくりと飲みましょう。