お盆提灯や仏壇のろうそくの火を消すタイミングは!火の消し方も説明

お盆の時など仏壇や盆提灯にろうそくを灯します。この灯は、いつ消したらよいのでしょうか。ご先祖様をお迎えするのだから、ずっとつけたままにしておかないといけないのでしょうか。また、仏壇のろうそくはどのように消したらよいのでしょう。

お盆提灯や仏壇のろうそくの火消すタイミングや、ろうそくの火の消し方をまとめてみました。また、盆提灯の意味、ろうそくの色なども説明してあります。

ろうそくの火の消し方はお盆だけでなく、お彼岸やお墓参り、法事などにも共通します。お線香を付けときにも使用します。仏事の時のお役に立ちます。

 

お盆提灯のろうそくの火

盆提灯を何気なく、お盆に飾っていませんか。盆提灯には意味があり、ろうそくの消すタイミングもあります。

お盆提灯の意味

盆提灯は、先祖様や故人の霊が家に戻る時、迷子にならないための目印です。

初盆の時には、白提灯を飾ります。

通常のお盆では、お盆期間前日の12日から13日の夕方までに提灯を飾ります。

13日の夕方に、お盆の迎え火(先祖様の霊をお迎えする行事)を行うことが多いので、その前までに盆提灯を準備することが一般的です。

盆提灯に灯りを灯す期間は、8月13日の夕方〜16日の送り火を焚くまでの間です。

新盆の場合は、通常のお盆よりも早くから提灯を飾ることが多いようです。

迎え火の1週間前には、飾るようにしましょう。

関連記事

お盆の期間は、毎年いつも決まっていると思っていませんか。実は、お盆は地域によって違うのです。地方に行ったとき、間違って恥ずかしい思いを書たことがありませんか。 旦那さんの実家に帰る時も、お盆休みの事を正確に知っていないと、とんだ恥をか[…]

 

お盆提灯のろうそくの火を消すタイミング

一般的に盆提灯の灯りは、本物の火を灯します。

夜中もずっと灯し続けると、火事になってしまう危険性もあります。

基本的には夜寝る前に消してよいです。

最近では、電球式の盆提灯が火事の心配がなく安全なので、主流になってきています。

 

 

仏壇のろうそくの火

仏壇のろうそくの色は、白だけだと思っていませんか。実はろうそくには、他にも色があるのです。仏壇のろうそくの色や消すタイミング、消し方などを説明しています。

仏壇のろうそくの色は?

お盆のろうそくには一般的に、白ろうそくが使われます。

仏教のどの宗派でも、ほとんどが白ろうそくです。

他には赤い色の朱ろうそくがあります。

おめでたいことがあった時の報告や、厄除け開運目的で使われるのが一般的です。

金と銀のろうそくもありますが、これは浄土真宗で使われます。

金のろうそくはおめでたいこと、銀のろうそく葬儀などの法要に使われるそうです。

 

 

仏壇のろうそくの火を消すタイミング

お盆には盆提灯を飾って、ご先祖や故人の霊をお迎えします。

お盆の期間中は私たちと一緒に過ごすと考えられていて、ろうそくの火をずっと灯しています。

しかし、外出した時や夜もずっと灯し続けると、火事の危険性もあります。

基本的には夜、寝る前に消しましょう。

 

仏壇のろうそくの火のつけ方、消し方

仏壇のろうそくは、口で吹き消してはいけません。

手やうちわであおぐか、ろうそく消しで消しましょう。

お墓参りに行ったとき、お線香に火をつけた後のろうそくの火も、同じように消しましょう。

関連記事

お盆に、お墓参りに行けなということはありませんか。お盆に限らず、お彼岸やお正月なども、遠方にいる方はなかなか里帰りできないことがあります。 お盆にお墓参りに行けないとき、遠方にいる場合でも自宅でできる供養の仕方があります。マンションや[…]

 

 

まとめ

お盆提灯や仏壇のろうそくの火を消すタイミングは、夜寝る前でよいです。夜も灯したい場合は、電球式の盆提灯を利用するのも良いですね。

仏壇のろうそくの火は、口で吹き消すのではなく、手やうちわであおいで消します。ろうそく消しを用意しておくと、簡単に消えます。吹き消すというこの行為は、神様に対して大変、無礼な行為です。