ダイエットにはそば、うどん、そうめんのどれがいい?痩せる効果があるのは

麺が好きな人にとっては、ダイエット中でも食べたいものです。

ここでは代表的な麺である、そば、うどん、そうめんに注目して、ダイエット中でも太らない麺はどれなのかまとめています。

また、ダイエットにより効果的な麺はどれなのかも、カロリーや栄養素、含まれる成分から説明しています。

 

そば、うどん、そうめんのカロリーと栄養素

 

100g当たりのカロリーと成分

麺の種類 そば うどん そうめん
カロリー(kcal) 344 348 356
炭水化物(g) 66.7 71.9 99.0
たんぱく質(g) 14.0 8.5 9.5
脂質(g) 2.3 1.1 1.1
ビタミンB1(mg) 0.37 0.08 0.06
ビタミンB2(mg) 0.08 0.02 0.02
水溶性食物繊維(g) 1.6 0.6 1.2
不溶性食物繊維(g) 2.1 1.8 0.6

 

カロリーを比較

 

そば、うどん、そうめんのカロリーはそこまで違いはありません。

 

そば、うどん、そうめんカロリー順:そば<うどん<そうめん

 

炭水化物を比較

炭水化物は、糖質+食物繊維です。

つまり、炭水化物から食物繊維を除いた全てのものが糖質になります。

食物繊維はわずかになるので、糖質と炭水化物の量は同じといってもいいです。

そば、うどん、そうめんの 炭水化物を比較すると、かなり違いが出てきます。

 

そば、うどん、そうめんの糖質:そば<うどん<そうめん

 

ビタミンB1を比較

ビタミンB1には、糖質の代謝を助ける働きがあります。

ビタミンB1が不足すると代謝が下がり太りやすくなります。

 

そばにはビタミンB1が、うどん、そうめんの約4.5倍もあります。

 

ビタミンB2を比較

ビタミンB2は、脂肪を燃焼させ、エネルギーの代謝や新陳代謝を促進させる効果があります。

 

そばにはビタミンB1が、うどん、そうめんの約4倍もあります。

 

食物繊維を比較

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。

不溶性食物繊は水に溶けにくい特徴があり、胃や腸で水分を吸収してふくらみ、蠕動運動を活発に便通を促進します。

水溶性食物繊維は水に溶けやすい特徴があり、粘着性によって胃腸内をゆっくり移動するので糖質の吸収をゆるやかにして、食後の血糖値の急激な上昇を抑える効果があります。

 

 

 

そば、うどん、そうめんのGI値

そば、うどん、そうめんのGI値を見てみましょう。

GI値とは、食後の血糖値の上昇を示す指標のことで、GI値が低いほど、食後の血糖値の上昇が穏やかになります。

70以上が高いとされていて、60以下の食品を選ぶとよいと言われています。

 

そば、うどん、そうめんのGI値

 

そば     :約55

うどん    :約80

そうめん   :約70

 

 

 

ダイエットにはそば、うどん、そうめんのどれ

そばにはダイエットの効果がある

 

ダイエットにおすすめなのはそばです。

 

そばは炭水化物ですが、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEなどのビタミン類や、カルシウム、カリウム、鉄などのミネラル、食物繊維を豊富に含んでいます。

また、そばにはポリフェノールの一種のルチンを含んでいます。

 

タンパク質

そばには、精白米より3割以上多いタンパク質が含まれています。

そばのタンパク質は良質で、リジン、トリプトファン、アルギニンといった必須アミノ酸が豊富です。

 

ビタミンB1、ビタミンB2

ビタミンB1には糖質、脂質の代謝を促進させる働き、ビタミンB2は脂肪燃焼の効果があります。

ダイエットをより効果的にしてくれます。

 

ルチン

ルチンには、毛細血管を強くしたり、血管を修復して血液の流れをスムーズにする働きがあり、高血圧、脳卒中、動脈硬化、コレステロールの抑制などの生活習慣病の予防の効果があります。

血流が良くなるので、冷え性にも効果があるといわれています。

抗酸化作用をもっているので、ビタミンCの吸収を促進し肌の老化予防も!

美容にも良いのです。

ルチンは水溶性なので、蕎麦湯にはルチンがたくさん含まれていると言われていますが、天然ルチンは水に溶けにくい性質です。

ほとんど、そば湯の中に溶け出していないのです。

しかし、ビタミンB1、ビタミンB2は水にとける水溶性なので、そば湯を飲むとよりダイエットに効果的です。

 

食物繊維

そばは、うどんやそうめんと比べて食物繊維が豊富です。

さらに、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく含んでいます

腸内環境を整えたり便秘解消の効果があるので、ダイエットにもつながります。

 

 

 

そばの食べる量には注意

蕎麦がダイエットにいいからといっても、カロリーは高いので食べ過ぎには注意する必要があります。

1食をそばを置き換える場合は、ゆでそばなら200g以下を目安にしましょう。

ゆでそばの200gのカロリーは、約260kcalです。

また、蕎麦湯を飲むとよりダイエットに効果的です。

濃い味付けをすると、その分塩分もとってしまいます。

できるだけ薄味で飲むことをおすすめします。

 

 

まとめ

そばは炭水化物ですが、低GI食品で食後の血糖値の上昇を抑えてくれます。ビタミン類、ミネラル、食物繊維も豊富で、健康、美容にもよいのです。

健康食品として知られているそばはダイエットにも良いとされていますが、いくら低GI食品だといっても食べ過ぎには気を付けましょう。