50代女性が成功できるダイエット方法!食事制限なしの体験談も紹介

50代になると、身体に様々な変化が現れる年齢です。

若い頃と同じようにダイエットしても、痩せにくいです。それには50代女性の、特有の原因もあります。

ここでは、50代女性向けをダイエット方法を紹介しています。食事制限なしで痩せられます。また、50代女性がダイエットに成功した、体験談も紹介しています。

 

 

目次

50代女性が太る原因
1.更年期障害
2.生活環境の変化
3.基礎代謝の低下
4.運動不足

50代女性が痩せるポイント
1.正しい運動と食事
2.自分に合ったダイエット方法

50代女性向けダイエット方法
1.カロリーをコントロールする
2.生活環境・生活習慣の改善
3.適度な運動をする
4.食材を選ぶ
5.外食について(メニュー選び)
6.塩分を取り過ぎない
7.食事の食べ方・食べる順番
8.食べる時間帯・食事配分
9.夕食の時間について
10.おやつについて
11.入浴について

50代女性ダイエットについての補足
1.脚痩せ・顔痩せについて
2.セルライトについて
2.停滞期に注意

ダイエットを継続するためにやると良いこと
1.生活スケジュール表・計画表を作る
2.体重測定

50代女性のダイエット成功例
1.ダイエット験談

まとめ

a

50代性が太る原因

50代の女性が太る原因を説明していきます。

この年代の女性ならではの、原因も隠されています。

 

更年期障害

更年期は、一般的に45〜55歳頃に迎えます。

閉経の時期をはさんだ前後10年間を、更年期といいます。

50代になって更年期を迎えると女性ホルモン分泌が減少します。

女性ホルモンのエストロゲンは脂肪の代謝を促してくれるので、エストロゲンが減少すると脂肪の代謝が悪くなって、太りやすくなるのです。

 

また、血の巡りも悪くなり、身体に老廃物や脂肪が溜まりやすくなるります。

 

更年期障害には、頭痛、肩こり、疲れやすい、便秘、むくみ、不眠、動悸の他、精神的不安定、イライラ、うつなどの精神的症状がでます。

いらいらすることで、ご飯をたくさん食べてしまうこともあります。

 

更年期の症状と太る理由については、こちらのサイトで詳しく紹介しています

a
関連記事

更年期になると太りやすくなると言います。 なぜ更年期になると太るのでしょう。それには加齢も関係してきます。 更年期になると太るのはなぜなのか、太る理由と対策を説明していきます。そもそも更年期とは何なのか?更年期障害やその症状もま[…]

 

生活環境の変化

50代になると、子育ても一段落する年代です。

子供も大きくなり手がかからなくなります。

時間に余裕が出てくるのです。

子供が大学生になり、自宅から離れて大学に通っている場合は、旦那さんと2人だけの生活になります。

お菓子を食べながらテレビを見て、食事は食べたいものを食べる。

友達と遊びに出かけて外食したり、喫茶店で甘いものを食べているとあっという間に太ってしまうのです。

外食する時は、メニューをしっかりと選ばなくてはいけません。

 

ダイエット中の外食の選び方は、こちらのサイトで詳しく紹介しています。

a
関連記事

ダイエット中に、外食しなければいけない時、どんな料理を選んでよいか悩みます。 会社員は昼食、外食する人が多いです。会社勤め以外の人でも、友達や仲間、家族で外食することもあるでしょう。 ここでは、ダイエット中に外食する時の、メニュ[…]

a

 

基礎代謝の低下

50代になると太りやすくり、痩せにくくなる原因は、加齢にあります。

年齢を重ねるごとに基礎代謝が低下し、痩せにくくなります。

また、主な原因は筋肉量の減少によるものと言われています。

運動不足で筋肉量が減ると、さらに基礎代謝の低下に拍車をかけてしまいます。

 

運動不足

50代になってから、身体に大きな変化が現れたという事を聞きます。

顔のたるみがひどくなり老け顔になった、便秘がひどくなった、以前のように食べられなくなったなどです。

また、50代になると、体力が落ちて疲れやすくなります。

動くのが億劫になり身体を動かすことが少なくなると、筋肉量が落ち、基礎代謝が低下してしまうのです。

 

 

50代女性が痩せるポイント

50代女性が痩せるには、若い頃と同じようにダイエットしても痩せません。

若い頃とは身体が違うことを自覚して、ダイエットをやらないといけないのです。

 

正しい運動と食事

50代になると、基礎代謝が低下します。

また、何かしら身体に不調を感じ、高血圧や糖尿病などの病気を抱えている人もいます。

ダイエットの基本は、食事と運動と言われています。

そんなこと知っていると思うかもしれませんが、正しい運動と食事をしなければ痩せません。

また、正しい運動と食事は年代によっても違うのです。

50代に適した、運動と食事をしなければ痩せられないのです。

 

朝昼晩のダイエット献立は、こちらのサイトで詳しく紹介しています。

a
関連記事

ダイエットに食事は基本です。 食事のメニューは、ダイエットの成功の鍵となります。本気でダイエットに取り組むなら、食事の献立を疎かにしてはいけません。朝昼晩の献立をしっかり立てることが大事です。 ダイエットしている方向けの、朝昼晩[…]

 

自分に合ったダイエット方法

ダイエットには、さまざまなやり方があります。

ダイエットは、自分に合ったダイエット方法を選ぶことが大事です。

マニュアル通りにはいかないので、順調に痩せない時は、ダイエット方法を変えることも必要になってきます。

例えば、血糖値の高い人は、血糖値の上げにく食品中心の食事で、血糖値を下げる運動をするとダイエットに有効です。

 

低GI食品は、血糖値の急上昇を緩やかにします。

 

有酸素運動は、血糖値を下げるのに有効です。

 

また、ダイエットは継続が大事です。

自分に合っていないダイエットだと、ストレスになり長続きしません。

 

中には、どうしても何をやっても痩せないという人がいます。

そんな時は、ダイエットのプロに相談するのも1つの手です。

痩身エステ体験は、格安でお試しできます。

カウンセリングで、悩みも相談できるのでおすすめです。

 

評判のいい人気の高い痩身エステ体験は、こちらのサイトで詳しく紹介しています。セルライト除去体験エステもあるので、ぜひご覧ください。

a
関連記事

痩身エステには、様々なコースがあります。それぞれ特徴があり、自分に合ったコースを選ぶことが大事です。 ここでは、人気のある痩身エステ体験を紹介しています。全身痩せ・部分痩せ・セルライト除去の体験エステです。40代、50代の女性に人気が[…]

 

 

50代女性向けダイエット方法

50代女性に適した、ダイエットのやり方を説明していきます。

 

カロリーをコントロールする

カロリーオーバーしていないか、1日の食生活を振り返ってチェックしてみましょう。

自分ではそんなに食べていなと思っても、カロリーの高い食品を摂っていたり、間食に甘いお菓子や飲み物を飲んでいることがあります。

ダイエットを始める前に、1日に摂る総摂取カロリーを決めましょう。

活動量の少ない成人女性の必要なエネルギー量は、1,400~2,000kcalと言われています。
a

≪身体レベル別50~69歳の女性の推定エネルギー必要量≫

身体活動レベル指数(低い):1,650kcal

身体活動レベル指数(普通):1,950kcal

身体活動レベル指数(高い):2,200kcal

1日に必要な推定エネルギー量、厚生労働省の日本人の食事摂取基準(2015年版)」を参照

a

摂取カロリーは、1日の消費カロリー以下に設定しましょう。
a

さまざまな食材を使用したダイエットレシピのまとめは、こちらのサイトで紹介しています。

a
関連記事

毎日の悩むのが、食事のメニューです。なかなか決まらず、困ったことはありませんか。 ここでは、ダイエット向けの、ヘルシーで美味しいレシピを紹介しています。さまざまな食材を使用した低カロリーの、ダイエットレシピのまとめです。料理の苦手な人[…]

 

生活環境・生活習慣の改善

食事が終わった後、家族の食事の残り物の後片付けをする人がいます。

残ったものを、食べてしまうのです。

心当たりのある人はいないでしょうか?

家族を送りだした後、掃除など主婦の仕事が終わった後、休憩時間におやつを食べる習慣のある人もいます。

このような生活習慣のある人は、改善しましょう。

また、複雑な生活環境によってストレスを抱えている人は、趣味を持ったリ、気分転換したりして、ストレスを溜め込まないようにしましょう。

 

適度な運動をする

50代になると、運動不足になると筋肉量も落ちてきます。

基礎代謝が低下し、痩せにくい体になってしまいます。

ダイエットには、筋トレと有酸素運動の組み合わせが効果的です。

 

有酸素運動と筋トレを組み合わせたダイエットのやり方は、こちらの記事で紹介しています。

 ダイエットには有酸素運動と筋トレが効果的!過度の運動・食事制限なしで痩せる

a

関連記事

ダイエットには、様々な方法があります。極度の運動をする人もいますが、やりすぎは逆効果になることもあります。 筋トレだけ、有酸素運動だけ行う人もいますが、ダイエットには2つを組み合わせが効果的です。有酸素運動と筋トレをライフスタイルに取[…]

 

しかし、運動の苦手な人は無理し有酸素運動だけでも良いです。

 

ウォーキングは誰でも気軽に始められて、おすすめです。

 

特に、朝のウォーキングは体内時計をリセットし、生活にリズムをつくります。

また、効率よく脂肪燃焼ができるそうです。

朝食後30分~1時間以内に30分ぐらいのウォーキングを行うと、血糖値を下げる効果があり、ダイエットにもよいといわれています。

朝食前のォーキングは、体内にエネルギーがない状態で運動を行うので、脂肪燃焼効果があります。

 

ダイエットに効果的な有酸素運動のやり方は、こちらのサイトで詳しく紹介しています。

a
関連記事

有酸素運動は、やればやるほど効果があるというわけではありません。 ダイエットに効果的な有酸素運動の頻度は、週に何日で、何時間なのかまとめてみました。 有酸素運動を毎日すると、ダイエットには逆効果になることもあります。有酸素運動を[…]

 

食材を選ぶ

今まで、好きな食べ物を好きなだけ食べていた人は、ダイエットの食事が寂しいものに感じられます。

低カロリー食品を使用して、品数を増やし、食事を豪華にしましょう。

 

≪低カロリー食品≫

こんにゃく
海藻類(わかめなど)
きのこ類

 

また、高血圧の人には、低GI食品がおすすめです。

 

≪低GI値食品≫

玄米
納豆
そば

 

低GI食品にはその他に、海藻類、きのこ類、タマネギ、オクラ、アロエ、五穀米、シークァーサーなどがあります。

また、ご飯は玄米ご飯がおすすめです。

玄米ご飯は健康食品として知られていますが、美容効果、ダイエットの効果もあります。

 

ダイエット中の玄米ご飯の食べ方は、下のサイトで詳しく紹介しています。

a
関連記事

玄米ダイエットはやり方を間違えると痩せません。それどころか、太ることもあります。 ここでは、玄米ダイエットの正しいやり方を紹介しています。1日の摂取量や食べ方、失敗しないための注意点などまとめました。 また、普通の玄米、発芽玄米[…]

 

玄米の胚芽部分には、ビタミンB1、ビタミンEが豊富に含まれています。

 

また、白米に比べてミネラル、不溶性食物繊維食物繊維などを多く含んでいます。

 

不溶性食物繊維は水に溶けにくい性質を持ち、胃や腸の中で水分を吸収してふくらみ、便秘解消の効果があります。

また、血糖値の上昇を抑える働きがあり、インスリンの過剰分泌を防いで、脂肪の蓄積を抑制できます。

 

玄米の栄養素と効果についてはは、下のサイトで詳しく紹介しています。

a
関連記事

健康、美容、ダイエットに効果があるとされている玄米、もち麦、雑穀米ですが、さらにスーパー大麦という商品も出ています。 ここで比較しているのは、玄米、発芽玄米、もち麦、スーパー大麦(雑穀米)の4つです。 この中で最もダイエットに効[…]

 

発芽玄米を食べてみたという方は、発芽玄米市場で売上№1の「ファンケルの発芽米」を半額でお試しできます。オリザノールやフェルラ酸、ビタミン、食物繊維、GABAをしっかり摂ることができます。

公式サイト⇒ 発芽玄米を食べてみたという方はこちら「ファンケルの発芽米お試しセット 1.5kg/780円 送料無料」

 

外食について(メニュー選び)

ダイエット期間は、外食はできるだけ控えましょう。

外食することで、ダイエットの食事が寂しいものに感じられ、元の食事に戻ってしまうこともあります。

外食では、メニューをセットでなく単品で選びましょう。

単品メニューを組み合わせることで、栄養バランスやカロリーを自分で組み立てることができます。

 

塩分を取り過ぎない

塩分を取り過ぎると、塩分濃度を薄めようとして身体に余分な水分をため込みます。

その結果、むくみなどの症状が現れて、いわゆるむくみ太りになってしまいます。

推奨されている塩分の一日の摂取量は、成人男性は7.5g未満、女性は6.5g未満です。

 

塩分は1日、6.0g以下にしましょう。

 

ダイエット中の塩分の1日摂取量目安は、こちらのサイトで詳しく紹介しています。

a
関連記事

ダイエットに大敵とされているのが、塩分と糖分です。取り過ぎは太る原因になります。 そこで、ダイエット中の塩分と糖分の摂取量は、1日何グラムを目安としていいのかまとめてあります。何故、塩分と糖分取り過ぎると太るのか、そこらへんも説明して[…]

 

食事の食べ方・食べる順番

食事はよく噛んで、ゆっくり時間をかけて食べます。

そうすることで、満腹中枢が刺激されて空腹が抑えられます。

時間をかけて食べると、次に食品を口に入れるまで時間がかかり、食べ過ぎを防止できます。

また、食事は最初に野菜類から食べて、次に副食、最後に主食を食べるようにしましょう。

特に、食物繊維の多い野菜サラダを食事の最初に摂ると、血糖値の上昇を抑える効果があります。

毎食、野菜サラダを用意することをおすすめします。

 

食べる時間帯・食事配分

食事は等間隔が良いとされます。

食事の時間が空き過ぎると、お腹が空いてたくさん食べてしまいます。

揚げ物など脂肪が多い食べ物は、消化に約4〜5時間必要だといわれています。

消化する時間を考慮すると、食事の間隔は4時間~7時間空けるのが望ましいです。

また、朝昼晩の食事の配分は、朝>昼>夕が理想的です。

しかし、朝あまり食べられなかったり、ストレスになるようだったら、「朝:昼:夜」を「1:1:1」もしくは「3:4:3」でも良いです。

夕食に、比重を置くのだけはやめましょう。

 

朝、昼、夜の食事間隔、食事の量については、こちらのサイトで詳しく紹介しています。

 ダイエットで3食食べる時の時間帯・食事配分・食べ方など

a

関連記事

ダイエットで3食食べる場合は、食べる時間帯や時間間隔に気をつけなければいけません。 ここでは、ダイエットで3食食べる時の食事時間、3食の間隔、食べる量、食べ方をまとめています。 ダイエットの基本は食事にあるといってもいいぐらい、[…]

 

夕食の時間について

ダイエットには夕食を摂る時間帯も大事です。

夕食は夜8時くらいまでに済ませて、就寝まで3時間以上空けることがダイエットには望ましいです。

 

BMAL1(ビーマルワン)
夜遅い食事は太る」と言われています。
それには、夜中に食べると太るというのは、脂肪をためこむ働きがあるBMAL1(ビーマルワン)というタンパク質が関係しています。
ビーマルワンの量は、1日のうちで22時~午前2時頃にもっとも多くなるそうです。

 

自律神経と肥満
肥満は自律神経とも密接な関係があります。
自律神経には、交感神経と副交感神経があります。
交感神経の働きが強まるのは、昼間、活発に活動している時です。
副交感神経は、寝ている間に活発になります。
夕方以降は副交感神経が活発になり、インスリンが多く分泌されます。
インスリンは糖を中性脂肪に変える働きがあるので、過剰に分泌されると太りやすくなるのです。
夕食後から睡眠までを3時間以上を空けると、インスリンの分泌量が低下して、体脂肪が蓄積されるのを抑えられます。

 

ダイエット中の夕食は8時までに摂るのが望ましい理由は、こちらのサイトで詳しく説明しています。

 ダイエット中の夜ご飯の時間帯は何時まで!朝と昼は何時が最適

a

関連記事

ダイエット中は、夕食を食べる時間は気になります。夜遅い時間に食べると太る、という事を良く聞くと思います。これは本当なのでしょうか。 そこで、ダイエット中の朝、昼、夜のご飯は何時で、夜ご飯の時間帯は何時までに摂るのが効果的なのかまとめて[…]

 

おやつについて

基本的に、間食はNGです。

我慢できない場合は、お水を飲んで空腹を抑えたり、キシリトールガムを噛んだりしましょう。

しかし、おやつを食べる習慣にある人は、急にやめるとストレスになってしまいます。

どうしても我慢できない時は、太らないおやつを食べましょう。

 

ダイエットで食べていいおやつは、下のサイトで詳しく紹介しています。

 ダイエットでお腹空いたら食べていいおやつ11選!空腹を抑えて痩せる

a

関連記事

ダイエットしていると、どうしてもお腹が空いて我慢できないことがあります。ストレスが溜まり、ついには過食に走ったりしてしまいがちです。 そんな時は我慢するのではなく、間食をして空腹を抑えましょう。だたし、間食は、どんな食べ物や飲み物を撮[…]

 

入浴について

入浴にはダイエットに効果があります。

入浴方法には、半身浴と全身浴がありますが、ダイエットには全身浴がおすすめです。

全身浴では、約200kcal以上消費することも可能です。

40度位のお風呂に全身浴で浸かって、身体をしっかりと温めましょう。

 

血行が促進されて、代謝もよくなります。

 

お風呂ダイエットでは、個人差はありますが、正しくやると1週間でも効果があると言われています。

 

お風呂ダイエットのやり方は、こちらのサイトで紹介しています。

 お風呂ダイエットの方法!何度が適温で時間は何分入ると効果的

a

関連記事

お風呂ダイエットは普段の生活の中に取り込みやすく、やりやすいダイエットです。特に、日本人はお風呂好きです。シャワーで済ませる人もいますが、やはりお風呂に入る人が多いです。 お風呂ダイエットはやり方を間違えると、十分な効果が得られません[…]

 

50代女性ダイエットに関しての補足

ダイエットでよく聞くのが、脚痩せ、顔痩せです。

ここでは、部分痩せについてと停滞期について説明しています。

 

部分痩せについて

女性の方はただ痩せるだけでなく、脚痩せ、顔痩せ、お腹痩せなどの部分痩をしたいと思っている人もいます。

部分痩せのマッサージやストレッチはありますが、正しいやり方でないと痩せません。

また、ダイエットしても足だけ痩せないという人もいます。

50代になると、セルライトが付きやすいです。

セルライトは自分でマッサージしても、落としにくといわれています。

 

脚痩せ、下半身痩せをしたい方は、着圧レギンス入浴ダイエットがおすすめです。

 

効率よく、脚痩せ、下半身痩せができます。

 

着圧レギンス入浴ダイエットのやり方は、こちらのサイトで詳しく紹介しています。

a
関連記事

着圧レギンス入浴ダイエットというのは、聞いたことがないでしょうか。 脚痩せ、下半身痩せをしたい方におすすめのダイエット方法です。脚痩せ、下半身痩せに効果があります。 着圧レギンス入浴ダイエットとはどんなダイエットで、どのように行[…]

 

お腹痩せをしたい方は、ハイウエスト設計の着圧レギンスが効果があります。

また、ダイエットしても顔が痩せないという方は、原因を追究してみましょう。

 

顔太りの原因と改善は、こちらのサイトで詳しく紹介しています。

a
関連記事

顔だけが大きい、痩せないと悩んでいる人がいます。顔が大きいと肥満でもないのに、太って見えます。それだけでなく老け顔にも! ここでは、顔太り、大きい顔を小顔にする方法を紹介しています。顔太りの原因はさまざまです。その原因ごと改善方法をま[…]

 

 

セルライトについて

一度ついてしまうと落としにくいと言われているのが、セルライトです。

セルライトで悩んでいる女性は、少なくありません。

セルライトには、4つのタイプがあります。

「脂肪型セルライト」「むくみ型セルライト」「繊維型セルライト」「筋肉質型セルライト」の4種類で、どの年齢層にもできるのが「脂肪型セルライト」で

セルライトの中では、最も多いタイプです。

自分でセルライトを潰そうとする方もいますが、間違ったマッサージをするとセルライトが増えることもあります。

強くマッサージをすると、皮膚の組織や毛細血管を傷付けてしまい、コラーゲンが再生する際にコラーゲンの再生機能が働き、新たなセルライトを作ってしまうことがあります。

セルライト除去には、エステもおすすめです。

エステでは専用マシンとハンドマッサージを組み合わせて施術をお行うことが多いです。

短期間で効率よく、セルライトを落としていきます。

セルライト除去マシンには、キャビテーション、エンダモロジー、ルミセルタッチなどがあります。

エステには体験コースがあるので、体験してから選ぶと自分に合ったコースを選ぶことができます。

 

人気の高いセルライト除去体験エステは、こちらのサイトでも詳しく紹介しています。

a
関連記事

セルライトは一度できると、自分で落とすことは難しいと言われています。 凸凹になった肌を通常のダイエットで、滑らかにすることは困難です。ここでは、セルライトで悩んでいる方に、人気の痩身エステ体験を紹介しています。セルライト除去マシンとハ[…]

 

 

停滞期に注意

ダイエット期間中に気を付けなければいけないのが、停滞期です。

停滞期とは、最初は順調に落ちていた体重が、途中から痩せなくなってしまう現象です。

個人差があり、2回や3回停滞期が訪れる人もいます。

停滞期で諦めて、ダイエットに失敗することもあります。

ここをを乗り越えると、また痩せていきます。

停滞期には、人間の体に備わっている、「ホメオスタシス機能」が関わっています。

 

「ホメオスタシス機能」の原理や、停滞期を短く最小限にするにはどうしたらよいかは、こちらのサイトで詳しく説明しています。

 ダイエットの停滞期とは?原理や起こさない(最小限にする)方法を説明

a

停滞期でもない、全く痩せない原因が分からない場合もあります。

 

原因不明で痩せない時の対処法・対応策は、こちらのサイトで詳しく説明しています。

 ダイエットで全く原因がないのに痩せない時の対処法・対応策!

a

関連記事

ダイエットをしていると、原因不明の痩せない現象に悩まされることがあります。 食事制限、運動をしているのに全く痩せない、何をやってもダメという人はいます。 ダイエットで痩せない原因が全く分からない時の対処方法、対応策を紹介していま[…]

 

ダイエットを継続するためにやると良いこと

ダイエットには、次のようなことも行うと有効的です。

途中でやめたいと思う時の、防止策にもなります。

 

生活スケジュール表・計画表を作る

ダイエットを始める前に、生活スケジュールや計画表を作りましょう。

ダイエット期間や目標体重を決めると、ダイエットに対する意欲が高まります。

ノート、パソコンの得意なひとは、エクセルに作ってもいいです。

生活が乱れている人は、生活スケジュール表を作ると、規則正しい生活習慣を身につけることができます。

 

体重測定

定期的に体重を測定し、記録しておきましょう。

減量経過がわかり、ダイエットが上手くいっていない時の改善にも役立ちます。

また、記録を見ることで、やる気も出てきます。

 

50代女性のダイエット成功例

食事制限なしでダイエットした成功例です。

半年で10キロ痩せた人もいます。

 

ダイエット体験談

3人の女性のダイエット体験談を紹介します。

食事改善で痩せることに成功しています。

 

半年で10キロのダイエットに成功したAさん♀
お米を白米から玄米に変えて、3食、時間を決めて食べるようにしました。
夕夜は7時までに終わらせて、それ以降は何も食べないようにしました。
以前は毎日、間食をして甘いお菓子を食べていたのですが、ダイエット中は間食はやめました。
早食いたったのですが、時間をかけてゆっくりと食べ、最初に野菜サラダを食べて玄米ご飯を最後に食べるようにしました。
運動が苦手だったので、毎日、30分くらいウォーキングを続け、ダイエットをしてから半年で10キロ痩せることができました。
今まで、食生活が乱れていたのが太っていた原因だったので、規則正しい食事に改善したのが結果に出たのだと思います。

3ヶ月で5キロのダイエットに成功したBさん♀
最初は、短期で痩せたいと思って食事制限をしていたら、ストレスで続きませんでした。
そこで、私は朝食を、スムージに置き換えるダイエットをすることにしました。
昼と夜は、いつもの通りに食事をしました。
ただ、今までは、スーパーでおかずを買ってくることがあったのですが、ダイエット後は食事は全て栄養バランスを考えて自分で作るようにしました。
野菜中心に果物を加えたグリーンスムージを、毎朝、飲み続けました。
スムージーは美味しくて、続けやすいでした。
3ヶ月で5キロ痩せて、気になっていたポッコリお腹がすっきりなりました。
半年で7キロ減、ウエストー12㎝に成功したCさん♀
白ご飯は、朝と昼だけにしました。子供のお茶椀に軽く1杯程度。
今まで、夕食にたくさん食べる傾向があったので、3食の食事の割合を均等にしました。
朝食後は、軽いストレッチとウォーキングをし、間食はせず、お腹が空いたら炭酸水で空腹を抑え、夕食は早めに摂っていました。
半年続けた結果、7キロ痩せることができました。

 

Aさんは白米を玄米に変えたことで、Bさんは朝食をスムージーに置き換えたことで、Cさんは夕食を改善したことでダイエットに成功しました。

 

スムージーダイエット置き換えのやり方は、下のサイトで詳しく紹介しています。

 スムージーダイエット置き換えのやり方!飲む時間帯、タイミング

a

関連記事

スムージーダイエットには色々なやり方があります。 ここでは、1日1食をスムージーに置き換える、スムージーダイエットのやり方を紹介しています。 ダイエットに効果的な時間帯は、朝、昼、夜のどれなのか、飲む時間帯やタイミングも説明して[…]

 

ダイエットに食事は重要です。

ダイエットで痩せるには、ほとんどが食事のコントロールにあるとも言われています。

a

まとめ

年齢を重ねるごとに代謝が悪くなり、痩せにくくなってきます。50代女性で、なかなか痩せられないと悩む人も多いです。

ダイエットに関して質問、相談などのある方は、一番下のお問い合わせからお気軽にメールください。個別返信はお約束できませんが、頂いたメールにはすべて目を通しているのでご了承ください。