50代女性が痩せられるダイエット方法!食事で成功した体験談から

50代になると、身体に様々な変化が現れる年齢です。病気のリスクも高くなり、健康のために痩せたいと思う方もいます。

50代女性のダイエットは、若い頃と比べて代謝が低下しているので痩せにくいです。年齢の事を考えると、食事制限や過度の運動は身体を壊す可能性があります。

無理なく食生活を変えただけで痩せた、3人の50歳女性の方のダイエット体験談をヒアリングして、50代女性が痩せられるダイエット方法をまとめてみました。50歳からでも、正しいダイエット方法を行うと痩せられます。どのようにして痩せられたか、その方法と50歳からのダイエットで注意しなくてはいけない点を紹介しています。

 

食生活を変えて痩せたダイエット体験談

50代女性のダイエット方法

50代の女性の知人に、ダイエットに成功して3人の方がいます。

その方達からどうやってダイエットに成功したか聞いたところ、ほぼ3人とも同じような内容でした。

その体験談から、50歳からでも痩せられるダイエット方法を説明していきます。

実行していたダイエット方法

3人の方達が行っていたダイエット方法は、基本的に3つのことです。それぞれのダイエット方法は、細かい点は違ってきますが、この3点は共通していました。

 

1.1日の摂取カロリーをオーバーしない

2.間食をしない

3.夜20時までに夕食を済ませる

 

食事制限なしで食生活を変えるだけで痩せられる

標準体重をオーバーしている方は、毎日の食事を管理するだけで痩せることができます。

食べ過ぎたり、間食におやつを食べたりしていませんか。

1食抜く、夜遅くに食事をとるなど食事が不規則だったり。

糖分や塩分の取り過ぎ。

脂っこいものが食事に多かったり、栄養のバランスが悪いと痩せにくい体になってしまいます。

過度の食事制限は必要ありません。

毎日、規則正しい食事をとることで自然と体重が落ちてきます。

 

停滞期になっても諦めずに続ける

ダイエット期間中に気を付けなければいけないのが、停滞期です。

3人の方も停滞期には悩んだそうです。

ダイエット1ヶ月過ぎた頃から現れたそうです。

でも、停滞期は誰でも訪れるもので、そこを乗り越えるとまた痩せていきます。

]

 

50代からのダイエット方法

50歳からのダイエットは、無理な設定をしないことです。短期的なダイエットもおすすめしません。長期的に時間をかけて痩せていくやり方が、体に負担をかけることなく痩せられます。

1日のカロリー摂取量をオーバーしない

活動量の少ない成人女性は、1日に必要なエネルギー量が約1,400~2,000kcalと言われています。

習慣的に運動しているなど特別な場合を除いて、50代女性だと1日の摂取カロリーを1,600kcalにしましょう。

このカロリーをオーバーしないように、食事をとっていきます。

3人に方も、1日の摂取カロリーを1,500~1,600kcal位に設定していました。

ダイエットに成功した3人の方は、食事の間隔も気を付けていました。

朝食、昼食、夕食の間隔はほぼ等間隔。

食事の量は、それぞれちょっと違っていました。

1人の方は3食を同じ量。

2人の方は夕食は、朝食、昼食よりも少なめに取っていました。

 

 

バリエーションが多い栄養バランスのとれた食事

栄養素バランスのよい食事をとるようにしましょう。

3食には、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルを揃えて、よく噛んでゆっくりと食べます。

1日の摂取カロリーが1,600kcalだと、1回の食事は約500kcalになりますね。

これだと寂しい食事になってしまうという方は、ノンカロリー食品や低カロリー商品を取り入れてバリエーションのあるメニューにすると、満足のいく食事ができます。

こんにゃく入り混ぜご飯、豆腐ハンバーグ、キノコのソテー、ワカメスープ、昆布とこんにゃくの煮物・・・など。

工夫次第で、様々な献立ができます。

 

 

塩分、糖質、脂質は控えめに

塩分を取り過ぎると、塩分濃度を薄めようとして身体に余分な水分をため込みます。

その結果、むくみなどの症状が現れるむくみ太りになってしまいます。

推奨されている塩分の一日の摂取量は、成人男性は8.0g、女性は7.0gです。

塩分は1日、7.0g以下にしましょう。

糖質、脂質の取り過ぎにも気を付けましょう。

糖質は1日60~100g。

脂質は、1日の摂取エネルギーの約20~25%が適量だと言われています。

関連記事

ダイエットに大敵とされているのが、塩分と糖分です。取り過ぎは太る原因になります。 そこで、ダイエット中の塩分と糖分の摂取量は、1日何グラムを目安としていいのかまとめてあります。何故、塩分と糖分取り過ぎると太るのか、そこらへんも説明して[…]

 

 

間食はしない

基本的に間食はしないようにしましょう。

どうしても我慢できない場合はお水を飲んで空腹を抑えたり、キシリトールガムもおすすめです。

ダイエットに成功した50代の女性の方も、炭酸水を飲んだり、ノンカロリーガムを噛んでいたらしいですよ。

お水を飲むときは、身体を冷やさないように常温で飲みようにしましょう。

 

 

関連記事

ダイエット中は食べ物に神経を使いがちです。 空腹を我慢できない時に、ダイエット中でも間食に食べても太らない食べ物を紹介します。 食べない方がベストですが、我慢するとストレスが溜まって暴飲暴食してしまい、ダイエットに失敗してしまい[…]

関連記事

ダイエット中は食べ物には気を付けますが、飲み物には油断しがちです。 飲んで太ってしまったとならないように、ダイエット中に飲んでも太らない飲み物と飲んではいけない飲み物を紹介します。 さらに、ダイエットと効果のある飲み物を取り入れ[…]

20時以降は何も食べない

「夜遅い食事は太る」と言われていますね。

夜中に食べると太るというのは、脂肪をためこむ働きがあるBMAL1(ビーマルワン)」というタンパク質が関係しています。

ビーマルワンの量は、1日のうちで22時~午前2時頃にもっとも多くなるそうです。

また、肥満は自律神経とも密接な関係があります。

副交感神経は寝ている間に活発になり、副交感神経が働くと体は「お休みモード」に切り替わって脂肪をためこもうとするので、夜食べ過ぎると太りやすくなります。

適度な運動

過度な運動は体に負担をかけるので。50代からのダイエットにはおすすめできません。

でも、全く運動しないと、量が減少して代謝が低下し、痩せにくい体質になってしまいます。

30分位のウォーキングが、無理なく毎日続けて行えます。

ダイエットに成功した50代の女性の方達も、ウォーキングをしていました。

 

お風呂は全身浴で入る

お風呂で痩せるのと思うかもしれませんが、入浴はダイエットに効果があります。

全身浴で40度位のお風呂に浸かって、身体をしっかりと温めましょう。

血行が促進されて、代謝もよくなります。

お風呂での消費カロリーも、かなりあるんです。

全身浴で約200kcal以上消費することも可能です。

 

 

50代女性のダイエットで注意すべき点

過度の食事制限はしない

50代の女性になると、若い時の身体が全く違います。

食事制限でダイエットに成功した50代の女性もいますが、過度の食事制限は危険です。

間違ったダイエットをすると、骨粗しょう症を発祥したり、視力や運動能力が衰えたり、臓器機能に障害がでたりと、取り返しのつかないことにもなりかねません。

長期間に設定して、焦らず確実に痩せていきましょう。

過度の運動はしない

過度の運動は、身体の負担が大きいです。

ウォーキングや体操、ヨガやフラダンスもおすすめです。

無理なく続けられる、自分に合った運動を毎日行いましょう。

まとめ

年齢が加算するにつれて代謝が悪くなり、痩せにくくなってきます。50代女性で、なかなか痩せられないと悩む人も多いです。

正しいダイエット方法を行えば、誰でも痩せられます。停滞期になるとダメだと諦めてしまう人がいますが、ダイエットに停滞期はつきものです。と諦めずに行いましょう。